福岡国際マラソン惨敗 川内優輝を狂わせた五輪の“魔物”

公開日:  更新日:

「(力を)出し切って負けるならしょうがないけど、何でこういうことになったのか……」

 最強の市民ランナーといわれる川内優輝(28)は、6日の福岡国際マラソンで8位に終わった。10キロ手前で感じた左ふくらはぎのしびれの影響により、タイムは2時間12分48秒。3位で日本選手トップの佐々木悟(30=2時間8分56秒)から、約4分も遅れての惨敗ゴール。日本人上位3位以内にも入れず、リオ五輪代表選考対象から漏れた。今後も代表入りを目指すなら、来年2月の東京か3月のびわ湖毎日で陸連が設定した2時間6分30秒のタイムを切らなければならない。

 川内は09年の別府大分から今回の福岡まで、54回ものフルマラソンを走り、自己ベストは2時間8分14秒(13年ソウル国際)。6分30秒切りは雲をつかむような話だ。

 それだけにレース中に左足を襲ったしびれを大いに悔やんだのだが、過去に一緒に走った選手の足が痙攣した時は「調整不足だなと思っていた」ことから、「(しびれは)天罰だなと思う」と語っていた。本当に罰が当たったのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る