陸連無策…男子マラソンは東京五輪で惨敗必至の根拠

公開日: 更新日:

 世界でまったく通用しなかった日本のラグビーは指導者で激変したが、選手のレベルが逆戻りしているのがマラソンだ。

 6日に行われる福岡国際は、来年のリオ五輪の男子代表選考会を兼ねている。陸連は2時間6分30秒以内で走った選手は優先的に選ぶというが、上位争いが期待される川内優輝(28)の持ち時計は2時間8分14秒。過去10年の優勝(全員外国人選手)タイムを見ても、6分30秒以内をマークしたのは08、09年を連覇したケベデ(エチオピア)しかいない。

 そもそも日本の男子が6分台の記録を出したのは、02年の高岡寿成(現カネボウ陸上競技部監督)がシカゴで出した2時間6分16秒が最後。7分台も、今年の東京マラソンで今井正人が記録した2時間7分39秒が3年ぶりだった。来年2月の東京、3月のびわ湖でも、今の日本選手に6分台は絶望的。陸連は、上記3大会で日本勢3位以内を対象に、レース展開や気象、記録などから最大3人を選ぶことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    筧美和子は女優に転身…打ち切り「テラハ」元住人の現在地

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る