陸連無策…男子マラソンは東京五輪で惨敗必至の根拠

公開日:  更新日:

 世界でまったく通用しなかった日本のラグビーは指導者で激変したが、選手のレベルが逆戻りしているのがマラソンだ。

 6日に行われる福岡国際は、来年のリオ五輪の男子代表選考会を兼ねている。陸連は2時間6分30秒以内で走った選手は優先的に選ぶというが、上位争いが期待される川内優輝(28)の持ち時計は2時間8分14秒。過去10年の優勝(全員外国人選手)タイムを見ても、6分30秒以内をマークしたのは08、09年を連覇したケベデ(エチオピア)しかいない。

 そもそも日本の男子が6分台の記録を出したのは、02年の高岡寿成(現カネボウ陸上競技部監督)がシカゴで出した2時間6分16秒が最後。7分台も、今年の東京マラソンで今井正人が記録した2時間7分39秒が3年ぶりだった。来年2月の東京、3月のびわ湖でも、今の日本選手に6分台は絶望的。陸連は、上記3大会で日本勢3位以内を対象に、レース展開や気象、記録などから最大3人を選ぶことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る