• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

びわ湖2位の伊選手もドーピング メダルと賞金どうなる?

 薬物スキャンダルが相次ぐ陸上界からまた、ドーピング違反者が出た。

 イタリアの反ドーピング機関は2日(日本時間3日)、陸上の26選手が検査を逃れたとして同国オリンピック委員会に対して当該選手の2年間の出場停止を要請したと発表した。AP通信などによれば、ロンドン五輪男子三段跳び銅メダルのファブリツィオ・ドナート(39)、07年世界選手権男子走り幅跳び銀メダルのアンドリュー・ハウ(30)の他、3月のびわ湖毎日マラソン(賞金額非公表)2位のダニエル・メウッチ(30)も含まれているという。

 年明けにも国内の反ドーピング裁判所で処分が確定する見込みだ。

 表彰台に上がった選手にドーピングが発覚した場合、該当する大会は失格となり、メダルと賞金は大会主催者によって剥奪される。

■11年の東京マラソンでも発覚

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る