びわ湖2位の伊選手もドーピング メダルと賞金どうなる?

公開日:  更新日:

 薬物スキャンダルが相次ぐ陸上界からまた、ドーピング違反者が出た。

 イタリアの反ドーピング機関は2日(日本時間3日)、陸上の26選手が検査を逃れたとして同国オリンピック委員会に対して当該選手の2年間の出場停止を要請したと発表した。AP通信などによれば、ロンドン五輪男子三段跳び銅メダルのファブリツィオ・ドナート(39)、07年世界選手権男子走り幅跳び銀メダルのアンドリュー・ハウ(30)の他、3月のびわ湖毎日マラソン(賞金額非公表)2位のダニエル・メウッチ(30)も含まれているという。

 年明けにも国内の反ドーピング裁判所で処分が確定する見込みだ。

 表彰台に上がった選手にドーピングが発覚した場合、該当する大会は失格となり、メダルと賞金は大会主催者によって剥奪される。

■11年の東京マラソンでも発覚

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る