身体検査で買い叩きか 岩隈「ドジャース入り破談」の真相

公開日: 更新日:

 メディカルチェックで異常が見つかっても年俸を下げるなど条件を見直して契約に至る場合もある。岩隈のドジャース入団の望みが完全に断たれたわけではないが、複数の米メディアは17日(日本時間18日)、「今季の所属球団に優先的に交渉権が与えられるクオリファイング・オファーを蹴っただけに、イワクマを獲得すれば、来年のドラフト1巡目指名権を失うため、故障リスクの高いベテラン投手と再交渉する可能性は低い」と報じている。

 どの程度の「傷」かはともかく、再びFA市場に出た岩隈には「身体検査で交渉がまとまらなかった右腕」という形容詞がつきまとう。そのダメージは計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  5. 5

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  6. 6

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る