元燕守護神バーネット レンジャーズと契約も定位置なし

公開日: 更新日:

 念願のメジャー移籍がかなった助っ人守護神の契約内容が明らかになった。

 ダルビッシュ有(29)が所属するレンジャーズは15日(日本時間16日)、ヤクルトから自由契約になっていたトニー・バーネット投手(32)と2年契約を結んだと発表した。

 年俸は総額で350万ドル(約4億3000万円)で、1年目が150万ドル(約1億8300万円)、2年目が175万ドル(約2億1300万円)。3年目の18年は球団に選択権があり、25万ドル(約3000万円)を支払って契約を解除できる。

 今季のバーネットは59試合に登板し、3勝1敗41セーブ、防御率1.29。2度目の最多セーブを獲得し、ヤクルトのリーグ優勝に貢献したが、レンジャーズでは「定位置」を確保できる保証はない。

 レンジャーズは今季途中からクローザーで起用されて22セーブをマークした守護神トールソン、新人ながら22ホールドを挙げたケラらリリーフ陣が豊富だからだ。

 来季は中継ぎで起用される日本の守護神はオープン戦から結果を残して信頼を得るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る