日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元燕守護神バーネット レンジャーズと契約も定位置なし

 念願のメジャー移籍がかなった助っ人守護神の契約内容が明らかになった。

 ダルビッシュ有(29)が所属するレンジャーズは15日(日本時間16日)、ヤクルトから自由契約になっていたトニー・バーネット投手(32)と2年契約を結んだと発表した。

 年俸は総額で350万ドル(約4億3000万円)で、1年目が150万ドル(約1億8300万円)、2年目が175万ドル(約2億1300万円)。3年目の18年は球団に選択権があり、25万ドル(約3000万円)を支払って契約を解除できる。

 今季のバーネットは59試合に登板し、3勝1敗41セーブ、防御率1.29。2度目の最多セーブを獲得し、ヤクルトのリーグ優勝に貢献したが、レンジャーズでは「定位置」を確保できる保証はない。

 レンジャーズは今季途中からクローザーで起用されて22セーブをマークした守護神トールソン、新人ながら22ホールドを挙げたケラらリリーフ陣が豊富だからだ。

 来季は中継ぎで起用される日本の守護神はオープン戦から結果を残して信頼を得るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事