元燕守護神バーネット レンジャーズと契約も定位置なし

公開日: 更新日:

 念願のメジャー移籍がかなった助っ人守護神の契約内容が明らかになった。

 ダルビッシュ有(29)が所属するレンジャーズは15日(日本時間16日)、ヤクルトから自由契約になっていたトニー・バーネット投手(32)と2年契約を結んだと発表した。

 年俸は総額で350万ドル(約4億3000万円)で、1年目が150万ドル(約1億8300万円)、2年目が175万ドル(約2億1300万円)。3年目の18年は球団に選択権があり、25万ドル(約3000万円)を支払って契約を解除できる。

 今季のバーネットは59試合に登板し、3勝1敗41セーブ、防御率1.29。2度目の最多セーブを獲得し、ヤクルトのリーグ優勝に貢献したが、レンジャーズでは「定位置」を確保できる保証はない。

 レンジャーズは今季途中からクローザーで起用されて22セーブをマークした守護神トールソン、新人ながら22ホールドを挙げたケラらリリーフ陣が豊富だからだ。

 来季は中継ぎで起用される日本の守護神はオープン戦から結果を残して信頼を得るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る