リハビリ半ばでも開幕投手? ヤンキース先発はマー君頼み

公開日: 更新日:

 ヤンキースの田中将大(27)が10日、古巣楽天のコボスタ宮城室内練習場で練習を公開した。報道陣にトレーニングを見せるのは、10月に右ヒジの骨棘除去手術を受けてから初のこと。約20メートルの距離で50球のキャッチボールを行い、「順調にリハビリが進んでキャッチボールも少しずつですけど始められるようになった。順調にきていると思います」と話した。

 が、「順調」とはいっても、術後にボールを投げたのは4日の帰国後が初めて。この日が3度目という段階だ。まだまだ不透明な状態にもかかわらず、気の早いニューヨークのメディアは「来季開幕投手はタナカで決まり」と報じている。それだけ、ヤンキースの先発陣が脆弱だからである。

 田中を除けば、頼りになるのは今季14勝3敗だったイオバルディ(25)だけ。そのイオバルディにしても、防御率4・20と安定感には欠ける。12勝10敗のピネダ(26)、6勝11敗のノバ(28)、6勝10敗のサバシア(35)の先発陣はいずれも防御率が4点台から5点台で、チーム防御率はア・リーグ8位タイの4.05に沈んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る