リハビリ半ばでも開幕投手? ヤンキース先発はマー君頼み

公開日:  更新日:

 ヤンキースの田中将大(27)が10日、古巣楽天のコボスタ宮城室内練習場で練習を公開した。報道陣にトレーニングを見せるのは、10月に右ヒジの骨棘除去手術を受けてから初のこと。約20メートルの距離で50球のキャッチボールを行い、「順調にリハビリが進んでキャッチボールも少しずつですけど始められるようになった。順調にきていると思います」と話した。

 が、「順調」とはいっても、術後にボールを投げたのは4日の帰国後が初めて。この日が3度目という段階だ。まだまだ不透明な状態にもかかわらず、気の早いニューヨークのメディアは「来季開幕投手はタナカで決まり」と報じている。それだけ、ヤンキースの先発陣が脆弱だからである。

 田中を除けば、頼りになるのは今季14勝3敗だったイオバルディ(25)だけ。そのイオバルディにしても、防御率4・20と安定感には欠ける。12勝10敗のピネダ(26)、6勝11敗のノバ(28)、6勝10敗のサバシア(35)の先発陣はいずれも防御率が4点台から5点台で、チーム防御率はア・リーグ8位タイの4.05に沈んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る