呉昇桓の“代役”に虎狙うマテオ メジャー精通者が見た実力

公開日: 更新日:

「どこまでやれるのか、不安はあります」

 こう語るのは、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏。

 阪神が不法賭博問題で残留交渉を打ち切った抑えの呉昇桓(33)の代役として一本化したといわれる、パドレスのマルコス・マテオ(31)についてだ。

 マテオは今季、主に中継ぎとして26試合に登板し、1勝1敗1ホールド、防御率4.00。メジャー通算では2勝4敗1ホールド、防御率4.65の成績だ。185センチ、100キロの巨体から繰り出される最速156キロの速球とスライダーを武器とし、10年のカブス時代は福留とチームメートだった。昨年は中日が獲得を検討するなど、以前から日本球界に注目されていた“剛腕”だが、前出の鈴村氏は「浮き沈みの激しい典型的な3A投手です」と、こう続ける。

「メンタル面があまり強くないように感じます。3Aでは今季、2勝9セーブ、防御率1.86と好投している一方で、メジャーではこれといった成績を残せない。相手が格下だと思えば力を発揮するが、格上の相手には分が悪く、力負けしてしまう。10年のキャリアがありながら、メジャーになかなか定着できなかった要因になっていると思われます。代理人も31歳の今なら、日本の球団に高く売れると判断したのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る