• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

呉昇桓の“代役”に虎狙うマテオ メジャー精通者が見た実力

「どこまでやれるのか、不安はあります」

 こう語るのは、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏。

 阪神が不法賭博問題で残留交渉を打ち切った抑えの呉昇桓(33)の代役として一本化したといわれる、パドレスのマルコス・マテオ(31)についてだ。

 マテオは今季、主に中継ぎとして26試合に登板し、1勝1敗1ホールド、防御率4.00。メジャー通算では2勝4敗1ホールド、防御率4.65の成績だ。185センチ、100キロの巨体から繰り出される最速156キロの速球とスライダーを武器とし、10年のカブス時代は福留とチームメートだった。昨年は中日が獲得を検討するなど、以前から日本球界に注目されていた“剛腕”だが、前出の鈴村氏は「浮き沈みの激しい典型的な3A投手です」と、こう続ける。

「メンタル面があまり強くないように感じます。3Aでは今季、2勝9セーブ、防御率1.86と好投している一方で、メジャーではこれといった成績を残せない。相手が格下だと思えば力を発揮するが、格上の相手には分が悪く、力負けしてしまう。10年のキャリアがありながら、メジャーになかなか定着できなかった要因になっていると思われます。代理人も31歳の今なら、日本の球団に高く売れると判断したのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る