呉昇桓の“代役”に虎狙うマテオ メジャー精通者が見た実力

公開日:  更新日:

「どこまでやれるのか、不安はあります」

 こう語るのは、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏。

 阪神が不法賭博問題で残留交渉を打ち切った抑えの呉昇桓(33)の代役として一本化したといわれる、パドレスのマルコス・マテオ(31)についてだ。

 マテオは今季、主に中継ぎとして26試合に登板し、1勝1敗1ホールド、防御率4.00。メジャー通算では2勝4敗1ホールド、防御率4.65の成績だ。185センチ、100キロの巨体から繰り出される最速156キロの速球とスライダーを武器とし、10年のカブス時代は福留とチームメートだった。昨年は中日が獲得を検討するなど、以前から日本球界に注目されていた“剛腕”だが、前出の鈴村氏は「浮き沈みの激しい典型的な3A投手です」と、こう続ける。

「メンタル面があまり強くないように感じます。3Aでは今季、2勝9セーブ、防御率1.86と好投している一方で、メジャーではこれといった成績を残せない。相手が格下だと思えば力を発揮するが、格上の相手には分が悪く、力負けしてしまう。10年のキャリアがありながら、メジャーになかなか定着できなかった要因になっていると思われます。代理人も31歳の今なら、日本の球団に高く売れると判断したのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る