評価低すぎたか ソフトB松田「メジャー断念」の真相

公開日: 更新日:

 ソフトバンクから海外FA権を行使してメジャー移籍を目指していた松田宣浩内野手(32)が残留を決めたことが、24日までに分かった。

 松田を巡っては、パドレスら複数の球団が獲得に向けて調査を行っていたとされる。中でも熱心だったのはパドレスで、A・J・プレラーGMが直々に来日して松田と会談を持った。その席で非公式ながら、獲得に向けたオファーがあったとみられる。

 松田が今季終了後、ソフトバンクから提示されたのは「4年総額25億円」。単純計算で年俸は6億2500万円で日本球界最高額だ。一方、パドレスの条件はメジャー契約ながら「1年85万ドル(約1億200万円)」程度とみられる。1億円は控え内野手の評価で、出場機会を確約されたわけではない。

 日本人の野手がメジャーで通用しないのは明らかだ。安い金額で海を渡るよりも、住み慣れた福岡でのプレーを選択するのは当然。松田は夢を追うよりも現実を取ったのだ。

 松田は今日にも正式にソフトバンク残留を発表する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る