3倍増更改のSB柳田 米で日本人野手の“悪評”覆す可能性

公開日: 更新日:

「最大限の評価をいただき、すぐに(ハンコを)押しました」

 ソフトバンク柳田悠岐(27)はハイテンションでこう言った。

 25日、契約更改で9000万円から3倍増の2億7000万円でサイン。今季、打率.363、34本塁打、99打点、32盗塁の成績で「トリプルスリー」を達成し、首位打者にMVPも獲得した柳田は「やったらやっただけ評価してもらえる」と、来季は4番に座る可能性もあり、40本塁打、40盗塁の目標を掲げている。

 日本屈指の打者に成長した柳田には、すでにメジャーが熱視線を送っている。海外FA権を取得するのは19年オフとまだ先で、近年は西岡、中島らの失敗もあって日本人野手の評価がガタ落ちしているが、「日本人離れしたパワーと、守備走塁レベルも非常に高い柳田なら、その評価を覆すことができるかもしれない」とは、某メジャースカウトである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る