3倍増更改のSB柳田 米で日本人野手の“悪評”覆す可能性

公開日: 更新日:

「最大限の評価をいただき、すぐに(ハンコを)押しました」

 ソフトバンク柳田悠岐(27)はハイテンションでこう言った。

 25日、契約更改で9000万円から3倍増の2億7000万円でサイン。今季、打率.363、34本塁打、99打点、32盗塁の成績で「トリプルスリー」を達成し、首位打者にMVPも獲得した柳田は「やったらやっただけ評価してもらえる」と、来季は4番に座る可能性もあり、40本塁打、40盗塁の目標を掲げている。

 日本屈指の打者に成長した柳田には、すでにメジャーが熱視線を送っている。海外FA権を取得するのは19年オフとまだ先で、近年は西岡、中島らの失敗もあって日本人野手の評価がガタ落ちしているが、「日本人離れしたパワーと、守備走塁レベルも非常に高い柳田なら、その評価を覆すことができるかもしれない」とは、某メジャースカウトである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る