オフもやること山積 巨人由伸監督に出された“宿題”の中身

公開日: 更新日:

 今年、賭博問題で世間を騒がせた巨人。このオフは自粛ムードで、高橋由伸監督(40)のイベントなどの出演も控えめだ。理由は他にもある。指導者経験ほぼゼロからのスタート。やることが山ほどあるのだ。

 巨人は25日、アーロン・ポレダ(29)と来季の契約を結んだと発表した。今季は8勝8敗ながら、先発3本柱として原前監督の信頼は厚く、年俸は6300万円から1億6000万円に大幅アップ。「高橋由伸新監督の期待に応えられるようしっかり準備します」と球団を通じてコメントしたが、外野手出身の高橋監督は「投手は専門外」を自認。秋季キャンプ中に「尾花さんからいろいろ勉強している」と話していた。宿題はそれである。

 監督経験もある尾花高夫投手コーチ(58)は、そんな新米監督のためにマニュアルを作成。投手交代の指針になる綿密なデータだという。「いかに交代のタイミングを間違えないか。目安になるものを作っています。過去の膨大なデータではなくて、今年に絞ったもの。交代などを迷わないように、先発、リリーフ、それぞれのもの。オフの間に渡したい」と明かしていた「虎の巻」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る