オフもやること山積 巨人由伸監督に出された“宿題”の中身

公開日:  更新日:

 今年、賭博問題で世間を騒がせた巨人。このオフは自粛ムードで、高橋由伸監督(40)のイベントなどの出演も控えめだ。理由は他にもある。指導者経験ほぼゼロからのスタート。やることが山ほどあるのだ。

 巨人は25日、アーロン・ポレダ(29)と来季の契約を結んだと発表した。今季は8勝8敗ながら、先発3本柱として原前監督の信頼は厚く、年俸は6300万円から1億6000万円に大幅アップ。「高橋由伸新監督の期待に応えられるようしっかり準備します」と球団を通じてコメントしたが、外野手出身の高橋監督は「投手は専門外」を自認。秋季キャンプ中に「尾花さんからいろいろ勉強している」と話していた。宿題はそれである。

 監督経験もある尾花高夫投手コーチ(58)は、そんな新米監督のためにマニュアルを作成。投手交代の指針になる綿密なデータだという。「いかに交代のタイミングを間違えないか。目安になるものを作っています。過去の膨大なデータではなくて、今年に絞ったもの。交代などを迷わないように、先発、リリーフ、それぞれのもの。オフの間に渡したい」と明かしていた「虎の巻」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る