• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年俸1億円で広島入り…ルナの“逆恨み”が巨人を苦しめる

 得点力不足に泣いた広島が強力な武器を手にした。18日、今季まで中日でプレーしたエクトル・ルナ内野手(35)を獲得したことを発表した。

 レギュラーを固定できなかった三塁が補強ポイントだった。ルナは今季、セ・リーグ4位の打率.292、8本塁打、60打点。中日3年間で打率.316、34本塁打、184打点の好成績を残した。

 これに舌打ちしているのが巨人である。対戦打率は15年.298、14年は.250も、13年は.359とボコボコにやられているからだ。

 このオフ、巨人も外国人内野手を探していた。結局、守備力が高く、31歳の前ロッテ・クルーズに触手を伸ばした。年俸8500万円だったが、3倍の2億4000万円で事実上の“強奪”。ロッテ球団関係者は「残留して欲しかったけど、とても太刀打ちできなかった」と白旗を揚げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る