年俸1億円で広島入り…ルナの“逆恨み”が巨人を苦しめる

公開日: 更新日:

 得点力不足に泣いた広島が強力な武器を手にした。18日、今季まで中日でプレーしたエクトル・ルナ内野手(35)を獲得したことを発表した。

 レギュラーを固定できなかった三塁が補強ポイントだった。ルナは今季、セ・リーグ4位の打率.292、8本塁打、60打点。中日3年間で打率.316、34本塁打、184打点の好成績を残した。

 これに舌打ちしているのが巨人である。対戦打率は15年.298、14年は.250も、13年は.359とボコボコにやられているからだ。

 このオフ、巨人も外国人内野手を探していた。結局、守備力が高く、31歳の前ロッテ・クルーズに触手を伸ばした。年俸8500万円だったが、3倍の2億4000万円で事実上の“強奪”。ロッテ球団関係者は「残留して欲しかったけど、とても太刀打ちできなかった」と白旗を揚げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る