脱貧打だけじゃない 巨人新助っ人2人に込められた別の狙い

公開日:  更新日:

 貧打巨人が着々と準備を進めている。今月に入り、新外国人野手をダブル補強。もちろん、リーグワーストの打率.243、同4位のチーム本塁打98本の貧打解消のためだが、他にも意味があるという。

 前ロッテのルイス・クルーズ内野手(31)は2年契約で年俸2億4000万円。今季のパ・リーグ二塁手部門でゴールデングラブ賞を獲得した名手である。二塁と三塁ができるという触れ込みで二塁の片岡、三塁の村田は戦々恐々。が、クルーズの本職は実は二塁ではない。メジャー時代は主に三塁と遊撃。本人も「遊撃や三塁の方が自信がある」と豪語していて、この補強は唯一レギュラー確約とみられていた正遊撃手の坂本勇人(27)を刺激する意味合いもあるというのだ。

「競争」を強調する球団関係者は「クルーズが遊撃の守備もうまいのは把握している。坂本をしゃきっとさせるための補強でもあるので」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る