脱貧打だけじゃない 巨人新助っ人2人に込められた別の狙い

公開日: 更新日:

 貧打巨人が着々と準備を進めている。今月に入り、新外国人野手をダブル補強。もちろん、リーグワーストの打率.243、同4位のチーム本塁打98本の貧打解消のためだが、他にも意味があるという。

 前ロッテのルイス・クルーズ内野手(31)は2年契約で年俸2億4000万円。今季のパ・リーグ二塁手部門でゴールデングラブ賞を獲得した名手である。二塁と三塁ができるという触れ込みで二塁の片岡、三塁の村田は戦々恐々。が、クルーズの本職は実は二塁ではない。メジャー時代は主に三塁と遊撃。本人も「遊撃や三塁の方が自信がある」と豪語していて、この補強は唯一レギュラー確約とみられていた正遊撃手の坂本勇人(27)を刺激する意味合いもあるというのだ。

「競争」を強調する球団関係者は「クルーズが遊撃の守備もうまいのは把握している。坂本をしゃきっとさせるための補強でもあるので」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る