ジョーンズ入団なら現実味 巨人阿部「捕手完全復帰」構想

公開日:  更新日:

 巨人が貧打解消へ、野手の補強を進めている。ロッテから加入が決まったクルーズと、獲得を目指しているメジャー122発のジョーンズ(前ヤンキース)。これに大きな影響を受けそうなのが、今季捕手から一塁へ転向した阿部慎之助(36)だ。

 内野の名手クルーズは二塁か三塁。もし三塁なら、はじかれる村田が一塁へ回る可能性もある。村田はともかく、阿部にとって問題なのは、ジョーンズの方である。

 ポジションは外野か一塁の触れ込みも、打撃優先の選手で外野の守備はお世辞にもうまくはないという。となると、必然的に一塁を守ることになる。阿部は今季、打率.242、15本塁打。この程度なら、同じ左の助っ人大砲がカバーすればいい、となってしまう。

 高橋新監督は秋季キャンプで阿部の捕手復帰の可能性を示唆した。ただ、「基本は一塁。まずは打って欲しい」と話しているように、あくまでサポート的な役割というスタンス。しかし、阿部は本気で“古巣”捕手復帰を考えているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る