後輩由伸の監督就任で気持ちグラリ 松井秀の視線は巨人に

公開日: 更新日:

 巨人やヤンキースなどで活躍した松井秀喜(41)が27日、ジャイアンツ球場で野球教室を行った。全国47都道府県から1人ずつ募集した小学生を相手に、キャッチボールから守備練習。打撃練習では投手を務めた。フリー打撃実演では2本の柵越えを放つなど、約2時間の指導。ジャイアンツ球場でバットを振るのは13年ぶりで、「高校から(巨人に)入ってすぐここで練習した。懐かしかった」と感慨深げだった。

「将来はヤンキース? 巨人?」

 野球ファンにとって、ゴジラの今後は気になるところ。今年の肩書は「ヤンキースGM付特別アドバイザー」。最有力候補だった巨人の監督には1歳年下の高橋由伸(40)が就任した。現在は自宅があるニューヨークを拠点に活動しているだけに、「今年も巨人の監督を受けなかった。軸足は巨人よりヤンキースに置いているのでは」と見る向きもあるが、来年については「(ヤンキースの)肩書が変わる? (変わら)ないと思う。たぶん。何とも言えない」と歯切れが悪い。ある球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る