阪神も「動作解析」担当新設 由伸巨人は開幕前から“丸裸”

公開日: 更新日:

阪神は何かを仕掛けてくることがまずない。チーム全体が淡泊。いやらしさが全くないから戦いやすい印象はありました」

 シーズン中、巨人ナインはこう口を揃えていた。今季の阪神戦は16勝9敗。CSでも勝利した“カモ虎”に金本監督が就任して変わった。「動作解析」担当のスコアラーを新設するという。要するに、相手投手のクセなどをチェックし、牽制球のタイミングなどを計りながら盗塁、走塁に生かすというもの。「どうせ何もやってこない」とタカをくくっていた巨人にとって驚きの変化だ。

 阪神だけではない。DeNAのラミレス新監督は現役時代から配球の分析などに定評があった。巨人の4番を張っていた頃、「日本の野球は捕手からサインが出る。捕手を分析した方が確実な傾向が出るんだ」と捕手ごとのデータをはじき出し、パソコンに入れて携帯していたほど。セのあるスコアラーがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る