阪神も「動作解析」担当新設 由伸巨人は開幕前から“丸裸”

公開日:  更新日:

「阪神は何かを仕掛けてくることがまずない。チーム全体が淡泊。いやらしさが全くないから戦いやすい印象はありました」

 シーズン中、巨人ナインはこう口を揃えていた。今季の阪神戦は16勝9敗。CSでも勝利した“カモ虎”に金本監督が就任して変わった。「動作解析」担当のスコアラーを新設するという。要するに、相手投手のクセなどをチェックし、牽制球のタイミングなどを計りながら盗塁、走塁に生かすというもの。「どうせ何もやってこない」とタカをくくっていた巨人にとって驚きの変化だ。

 阪神だけではない。DeNAのラミレス新監督は現役時代から配球の分析などに定評があった。巨人の4番を張っていた頃、「日本の野球は捕手からサインが出る。捕手を分析した方が確実な傾向が出るんだ」と捕手ごとのデータをはじき出し、パソコンに入れて携帯していたほど。セのあるスコアラーがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る