• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「方程式」解体か否か 巨人・高橋監督を悩ませる二者択一

 巨人は11日、今季までロッテでプレーしたルイス・クルーズ内野手(31)の入団が決まったと発表した。14年にロッテ入りし、2年間で通算259試合に出場。打率.247、32本塁打、134打点。今季、パ・リーグ二塁手部門でゴールデングラブ賞を獲得した内野の名手でもある。「守備は誰にも負けない。パワフルな打撃もお見せできる」とコメント。高橋由伸新監督(40)にとって朗報である。が、喜んでばかりもいられない難題も降りかかる。

 来季残留が決定している巨人の外国人選手は、投手のマシソン、マイコラス、ポレダ、メンドーサ、野手のアンダーソンの計5人。そこへクルーズと、獲得濃厚の前ヤンキースのジョーンズが加われば、計7人の大所帯。外国人枠は4しかないから、7人中3人が二軍行きとなる。

 2年契約で年俸200万ドル(約2億4300万円)のクルーズとメジャー122発のジョーンズは、中軸を期待される新戦力のため、開幕スタメンはほぼ決まり。チーム勝ち頭の13勝(3敗)を挙げたマイコラスは開幕投手の可能性もあるエース級だ。これで3枠。残る4人で最後のイスを争うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る