「方程式」解体か否か 巨人・高橋監督を悩ませる二者択一

公開日: 更新日:

 巨人は11日、今季までロッテでプレーしたルイス・クルーズ内野手(31)の入団が決まったと発表した。14年にロッテ入りし、2年間で通算259試合に出場。打率.247、32本塁打、134打点。今季、パ・リーグ二塁手部門でゴールデングラブ賞を獲得した内野の名手でもある。「守備は誰にも負けない。パワフルな打撃もお見せできる」とコメント。高橋由伸新監督(40)にとって朗報である。が、喜んでばかりもいられない難題も降りかかる。

 来季残留が決定している巨人の外国人選手は、投手のマシソン、マイコラス、ポレダ、メンドーサ、野手のアンダーソンの計5人。そこへクルーズと、獲得濃厚の前ヤンキースのジョーンズが加われば、計7人の大所帯。外国人枠は4しかないから、7人中3人が二軍行きとなる。

 2年契約で年俸200万ドル(約2億4300万円)のクルーズとメジャー122発のジョーンズは、中軸を期待される新戦力のため、開幕スタメンはほぼ決まり。チーム勝ち頭の13勝(3敗)を挙げたマイコラスは開幕投手の可能性もあるエース級だ。これで3枠。残る4人で最後のイスを争うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る