トロント前GMドジャースへ マエケンに続き川崎の加入浮上

公開日: 更新日:

 ドジャースと契約合意に達したと米メディアが一斉に報じた広島・前田健太(27)。現地時間12月31日(日本時間1日)に一報が伝えられたが、この日もドジャースからは依然として正式発表がないままだ。

 そのドジャースに新たな日本人選手獲得の可能性が浮上した。複数の米メディアが5日(日本時間6日)に伝えたところによれば、ドジャースはブルージェイズでGMを務めたアレックス・アンソポロス氏をフロントに招聘したという。ドジャースではスカウティングやマイナーの若手選手の育成を任されると見られる。

 アンソポロス氏はブルージェイズのGMだった13年に川崎をマイナー契約で獲得した。主力内野手に故障者が出れば、川崎をメジャーに昇格させて積極的に起用してきた。同氏は堅実なプレーに加えて、チームの盛り上げ役でもあった川崎を高く評価していた。

 川崎は昨季終了後、ブルージェイズをFAとなり、依然として今季の所属先は決まっていない。二遊間を守れてチームのムードメーカーとして期待できるだけに、かつての上司の引きもあって川崎がドジャースと契約すると見られているのだ。

 メジャーでは日本人選手をセットで獲得するケースは珍しくない。日本語が話せる同僚がいれば、お互いにとってプラスになるからだ。

 前田にとって渡米5年目の川崎が心強い存在になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る