トロント前GMドジャースへ マエケンに続き川崎の加入浮上

公開日:  更新日:

 ドジャースと契約合意に達したと米メディアが一斉に報じた広島・前田健太(27)。現地時間12月31日(日本時間1日)に一報が伝えられたが、この日もドジャースからは依然として正式発表がないままだ。

 そのドジャースに新たな日本人選手獲得の可能性が浮上した。複数の米メディアが5日(日本時間6日)に伝えたところによれば、ドジャースはブルージェイズでGMを務めたアレックス・アンソポロス氏をフロントに招聘したという。ドジャースではスカウティングやマイナーの若手選手の育成を任されると見られる。

 アンソポロス氏はブルージェイズのGMだった13年に川崎をマイナー契約で獲得した。主力内野手に故障者が出れば、川崎をメジャーに昇格させて積極的に起用してきた。同氏は堅実なプレーに加えて、チームの盛り上げ役でもあった川崎を高く評価していた。

 川崎は昨季終了後、ブルージェイズをFAとなり、依然として今季の所属先は決まっていない。二遊間を守れてチームのムードメーカーとして期待できるだけに、かつての上司の引きもあって川崎がドジャースと契約すると見られているのだ。

 メジャーでは日本人選手をセットで獲得するケースは珍しくない。日本語が話せる同僚がいれば、お互いにとってプラスになるからだ。

 前田にとって渡米5年目の川崎が心強い存在になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る