日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トロント前GMドジャースへ マエケンに続き川崎の加入浮上

 ドジャースと契約合意に達したと米メディアが一斉に報じた広島・前田健太(27)。現地時間12月31日(日本時間1日)に一報が伝えられたが、この日もドジャースからは依然として正式発表がないままだ。

 そのドジャースに新たな日本人選手獲得の可能性が浮上した。複数の米メディアが5日(日本時間6日)に伝えたところによれば、ドジャースはブルージェイズでGMを務めたアレックス・アンソポロス氏をフロントに招聘したという。ドジャースではスカウティングやマイナーの若手選手の育成を任されると見られる。

 アンソポロス氏はブルージェイズのGMだった13年に川崎をマイナー契約で獲得した。主力内野手に故障者が出れば、川崎をメジャーに昇格させて積極的に起用してきた。同氏は堅実なプレーに加えて、チームの盛り上げ役でもあった川崎を高く評価していた。

 川崎は昨季終了後、ブルージェイズをFAとなり、依然として今季の所属先は決まっていない。二遊間を守れてチームのムードメーカーとして期待できるだけに、かつての上司の引きもあって川崎がドジャースと契約すると見られているのだ。

 メジャーでは日本人選手をセットで獲得するケースは珍しくない。日本語が話せる同僚がいれば、お互いにとってプラスになるからだ。

 前田にとって渡米5年目の川崎が心強い存在になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事