トロント前GMドジャースへ マエケンに続き川崎の加入浮上

公開日: 更新日:

 ドジャースと契約合意に達したと米メディアが一斉に報じた広島前田健太(27)。現地時間12月31日(日本時間1日)に一報が伝えられたが、この日もドジャースからは依然として正式発表がないままだ。

 そのドジャースに新たな日本人選手獲得の可能性が浮上した。複数の米メディアが5日(日本時間6日)に伝えたところによれば、ドジャースはブルージェイズでGMを務めたアレックス・アンソポロス氏をフロントに招聘したという。ドジャースではスカウティングやマイナーの若手選手の育成を任されると見られる。

 アンソポロス氏はブルージェイズのGMだった13年に川崎をマイナー契約で獲得した。主力内野手に故障者が出れば、川崎をメジャーに昇格させて積極的に起用してきた。同氏は堅実なプレーに加えて、チームの盛り上げ役でもあった川崎を高く評価していた。

 川崎は昨季終了後、ブルージェイズをFAとなり、依然として今季の所属先は決まっていない。二遊間を守れてチームのムードメーカーとして期待できるだけに、かつての上司の引きもあって川崎がドジャースと契約すると見られているのだ。

 メジャーでは日本人選手をセットで獲得するケースは珍しくない。日本語が話せる同僚がいれば、お互いにとってプラスになるからだ。

 前田にとって渡米5年目の川崎が心強い存在になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る