マエケンに激辛評価 合意報道のドジャースも“キズ物”扱い

公開日: 更新日:

「日本のサイ・ヤング賞右腕」も蓋を開けてみれば低評価だった。

 広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた前田健太(27)が1日(日本時間2日)、ドジャースと合意したと複数の米メディアが伝えた。スポーツ専門チャンネル「ESPN」(電子版)などによれば基本給は年平均300万ドル(約3億6000万円)。最高1000万ドル(約12億円)の出来高が付いているそうだが、年俸300万ドルは昨季のメジャー平均年俸381万8923ドル(約4億6000万円)をはるかに下回る金額だ。多くの米メディアは「メジャーで1試合も投げていない投手と8年契約を交わすのは異例」などと、8年の長期契約に注目しているが、ドジャースは前田を平均以下の投手としか評価していないのだろう。前田を最も買っているはずのドジャースですらその程度だから、他球団の評価も推して知るべしだ。

 メジャーのスカウトの間では、かねて前田の評価は芳しくなかった。特に13、14年と右肩痛、左太もも裏痛と相次いで故障して以降、評価を下げたスカウトは少なくなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  6. 6

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る