日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一軍キャンプ」抜擢も…楽天オコエが抱える右足の不安

 アマチュア時代をよく知る関係者らから「アイツは太りやすい体質。本当に鍛えた体になってるのか?」と疑われているのが、楽天のオコエ瑠偉(18)だ。11日から始まった新人合同自主トレではオフに8キロ太った姿で登場。「コンディションはいい」と話すが、冒頭のように苦笑いされている。

 そんなオコエを梨田監督は早速、「キャンプは一軍で」と明言。しかし、ただでさえ高卒ルーキーの一軍抜擢はリスクが高い。周囲のレベルに合わせようとガムシャラになってしまい、ケガをする可能性が高いからだ。そうでなくても、オコエには不安がある。球団関係者は「10日の体力測定で太ももの筋肉がアンバランスだったことが気になる」とこう話す。

「オコエは中学時代、右足を手術してボルトが2本入っている。実はある現役選手も、アマチュア時代にケガをして足にボルトを入れた。その結果、成長過程で両足の長さが不揃いになってしまい、ただの走り込みでさえケガのリスクを負うようになった。下半身を思うように鍛えられず、いまだに期待されたほどの結果を出していない」

 梨田監督は、一軍キャンプ抜擢を考え直しすほうがいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事