楽天だけじゃない? 他球団にもあったフロント現場介入

公開日: 更新日:

 三木谷オーナーの現場介入が問題となった楽天イーグルス。しかし、同じパの球団スタッフは「ウチは楽天のことを笑えませんよ」と、こう話す。

 この球団、開幕前の下馬評はそれほど悪いものではなかった。「少なくとも、普通に戦えばCSには出場できる」と評論家も口を揃えていたが、結果はBクラス。前出のスタッフが言う。

「選手の昇格や登録抹消、スタメンまで、プロ出身のフロントが口を出していたんです。監督が決めたスタメンのオーダーも、試合直前に『これじゃあダメだ』と書き直させることもしばしば。調子が上がらない若手を監督が二軍に落とそうとした時も、『アイツは使い続ければ成長する』と一蹴。しかし、その若手は結果を出すことばかりに固執してしまい、成長どころか小さくまとまりかけている。選手の間でも『ひいきの引き倒し。あのやり方では誰も育たない』と非難ごうごうです」

 来季もBクラスか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る