日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人熱視線の創価大・田中 由伸采配が1位指名のカギ握る

「最速156キロの剛腕を密着マークせよ」

 巨人のスカウトにこんな指令が出ている。今秋のドラフト超目玉、創価大・田中正義(3年=創価)の9日の始動日に、スカウト部長と担当の2人体制で視察。史上初の12球団1位の可能性を秘める逸材だが、試合でもないのに部長自ら足を運んだのは熱意の表れだ。断然の1位最有力候補なのは間違いないが、それは他球団も同じこと。楽天などすでに1位を公言している球団もある中、巨人はどうか。球界関係者がこう言った。

「今季のチームの成績にもよるでしょう。昨秋のドラ1も即戦力投手の桜井。大物外国人で大砲という触れ込みのジョーンズを獲得したとはいえ、打線の救世主になるかは未知数。もし今季も貧打に泣くようなら、1位はやっぱり打者だと方針が変わる危険性もはらんでいる。日大の大型遊撃手・京田ら評価の高い野手もいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事