巨人熱視線の創価大・田中 由伸采配が1位指名のカギ握る

公開日: 更新日:

「最速156キロの剛腕を密着マークせよ」

 巨人のスカウトにこんな指令が出ている。今秋のドラフト超目玉、創価大・田中正義(3年=創価)の9日の始動日に、スカウト部長と担当の2人体制で視察。史上初の12球団1位の可能性を秘める逸材だが、試合でもないのに部長自ら足を運んだのは熱意の表れだ。断然の1位最有力候補なのは間違いないが、それは他球団も同じこと。楽天などすでに1位を公言している球団もある中、巨人はどうか。球界関係者がこう言った。

「今季のチームの成績にもよるでしょう。昨秋のドラ1も即戦力投手の桜井。大物外国人で大砲という触れ込みのジョーンズを獲得したとはいえ、打線の救世主になるかは未知数。もし今季も貧打に泣くようなら、1位はやっぱり打者だと方針が変わる危険性もはらんでいる。日大の大型遊撃手・京田ら評価の高い野手もいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る