巨人に外国人枠のジレンマ 尾花投手Cの“秘蔵っ子”使えず

公開日: 更新日:

 打てないばかりが巨人の課題ではない。

 15日のスタッフ会議後に高橋由伸監督(40)が「負け数が多い」と指摘したのが勝利の方程式である。抑えの沢村が3敗、セットアッパーの山口が5敗、マシソンが8敗の計16敗。これは昨年から尾花投手コーチが「改善の余地はある」と問題視していた重要課題だ。

 横手投げの田原誠や変則左腕の公文といった若手に期待がかかる中、昨季二軍の投手総合担当を務めた尾花コーチが「球に力がある」と能力を買っている若手有望株がエクトル・メンドーサ(21)である。

 巨人3年目を迎えるキューバ人右腕。年俸は1400万円に昇給したものの、新外国人のジョーンズが3億円、クルーズとマイコラスが2億4000万円と、高給取りがズラリと並ぶ支配下登録の助っ人7人の中では、ダントツの最安値である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  3. 3

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  4. 4

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  5. 5

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  6. 6

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  7. 7

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  8. 8

    新制度開始直前 前代未聞だった「全高長」の導入延期要請

  9. 9

    渥美清<後編>療養所生活でも毎日患者を集めて笑わせていた

  10. 10

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る