巨人に外国人枠のジレンマ 尾花投手Cの“秘蔵っ子”使えず

公開日:  更新日:

 打てないばかりが巨人の課題ではない。

 15日のスタッフ会議後に高橋由伸監督(40)が「負け数が多い」と指摘したのが勝利の方程式である。抑えの沢村が3敗、セットアッパーの山口が5敗、マシソンが8敗の計16敗。これは昨年から尾花投手コーチが「改善の余地はある」と問題視していた重要課題だ。

 横手投げの田原誠や変則左腕の公文といった若手に期待がかかる中、昨季二軍の投手総合担当を務めた尾花コーチが「球に力がある」と能力を買っている若手有望株がエクトル・メンドーサ(21)である。

 巨人3年目を迎えるキューバ人右腕。年俸は1400万円に昇給したものの、新外国人のジョーンズが3億円、クルーズとマイコラスが2億4000万円と、高給取りがズラリと並ぶ支配下登録の助っ人7人の中では、ダントツの最安値である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る