巨人に外国人枠のジレンマ 尾花投手Cの“秘蔵っ子”使えず

公開日:  更新日:

 打てないばかりが巨人の課題ではない。

 15日のスタッフ会議後に高橋由伸監督(40)が「負け数が多い」と指摘したのが勝利の方程式である。抑えの沢村が3敗、セットアッパーの山口が5敗、マシソンが8敗の計16敗。これは昨年から尾花投手コーチが「改善の余地はある」と問題視していた重要課題だ。

 横手投げの田原誠や変則左腕の公文といった若手に期待がかかる中、昨季二軍の投手総合担当を務めた尾花コーチが「球に力がある」と能力を買っている若手有望株がエクトル・メンドーサ(21)である。

 巨人3年目を迎えるキューバ人右腕。年俸は1400万円に昇給したものの、新外国人のジョーンズが3億円、クルーズとマイコラスが2億4000万円と、高給取りがズラリと並ぶ支配下登録の助っ人7人の中では、ダントツの最安値である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る