最多票で殿堂入りも 斎藤雅樹氏に足りない巨人監督の資質

公開日: 更新日:

 18日、今年の野球殿堂入りが発表された。

 プレーヤー表彰では西武、ダイエーなどで224勝を挙げたソフトバンクの工藤公康監督(52)と巨人で180勝を挙げた斎藤雅樹二軍監督(50)を選出。工藤監督は王貞治氏らに続く史上4人目の資格1年目で選出される快挙となったが、その工藤監督を27票上回る最多の285票を得たのが斎藤二軍監督である。

 巨人のエースとして通算180勝。勝ち星は224勝の工藤監督に及ばないものの、89年から2年連続で20勝をマークし、最多勝を5度、沢村賞を3度獲得して、「平成の大エース」と言われた。中でも、89年に樹立した11試合連続完投勝利のプロ野球記録は不滅の金字塔。歴史に残る投手との評価に異論はないが、同時にこの大エースには「だったらなぜ?」という疑問がついて回る。

 巨人一軍監督就任の不文律とされる「生え抜きのエースか4番」という条件を完全に満たしながら、これまでに一度も「監督候補」になったことがないのだ。原前監督の退任が決まった昨年も、原から堀内に監督交代した03年オフも、堀内から原に戻った05年オフだって、さまざまな監督候補が浮上する中、スポーツ紙にすらその名が取り上げられることはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る