日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最多票で殿堂入りも 斎藤雅樹氏に足りない巨人監督の資質

 18日、今年の野球殿堂入りが発表された。

 プレーヤー表彰では西武、ダイエーなどで224勝を挙げたソフトバンクの工藤公康監督(52)と巨人で180勝を挙げた斎藤雅樹二軍監督(50)を選出。工藤監督は王貞治氏らに続く史上4人目の資格1年目で選出される快挙となったが、その工藤監督を27票上回る最多の285票を得たのが斎藤二軍監督である。

 巨人のエースとして通算180勝。勝ち星は224勝の工藤監督に及ばないものの、89年から2年連続で20勝をマークし、最多勝を5度、沢村賞を3度獲得して、「平成の大エース」と言われた。中でも、89年に樹立した11試合連続完投勝利のプロ野球記録は不滅の金字塔。歴史に残る投手との評価に異論はないが、同時にこの大エースには「だったらなぜ?」という疑問がついて回る。

 巨人一軍監督就任の不文律とされる「生え抜きのエースか4番」という条件を完全に満たしながら、これまでに一度も「監督候補」になったことがないのだ。原前監督の退任が決まった昨年も、原から堀内に監督交代した03年オフも、堀内から原に戻った05年オフだって、さまざまな監督候補が浮上する中、スポーツ紙にすらその名が取り上げられることはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事