最多票で殿堂入りも 斎藤雅樹氏に足りない巨人監督の資質

公開日:  更新日:

 18日、今年の野球殿堂入りが発表された。

 プレーヤー表彰では西武、ダイエーなどで224勝を挙げたソフトバンクの工藤公康監督(52)と巨人で180勝を挙げた斎藤雅樹二軍監督(50)を選出。工藤監督は王貞治氏らに続く史上4人目の資格1年目で選出される快挙となったが、その工藤監督を27票上回る最多の285票を得たのが斎藤二軍監督である。

 巨人のエースとして通算180勝。勝ち星は224勝の工藤監督に及ばないものの、89年から2年連続で20勝をマークし、最多勝を5度、沢村賞を3度獲得して、「平成の大エース」と言われた。中でも、89年に樹立した11試合連続完投勝利のプロ野球記録は不滅の金字塔。歴史に残る投手との評価に異論はないが、同時にこの大エースには「だったらなぜ?」という疑問がついて回る。

 巨人一軍監督就任の不文律とされる「生え抜きのエースか4番」という条件を完全に満たしながら、これまでに一度も「監督候補」になったことがないのだ。原前監督の退任が決まった昨年も、原から堀内に監督交代した03年オフも、堀内から原に戻った05年オフだって、さまざまな監督候補が浮上する中、スポーツ紙にすらその名が取り上げられることはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る