マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

アプローチの距離感は1ヤード練習から始める

公開日: 更新日:

 ドライバーやアイアンショットはそこそこうまく打てるのに、ピンまで30ヤード以内のアプローチになると、思うようなショットが打てない。距離を調節(加減)しようとするとダフリやトップのミスが出てしまう。

 アプローチショットはボールを飛ばさなくていい。パワーは必要ないが、半面、ヘッドスピードを落として、距離を調節するスキル(技術)が求められる。これがうまくできないと、距離感が合わないだけでなく、ダフリやザックリ、トップのミスが出やすくなる。

 では、どうすればヘッドスピードをうまく落とせるようになるのか?

 いくつかポイントがあるが、お勧めしたいのが決まった距離をきっちり打つ練習を重ねることだ。

 片山真里プロはアプローチの練習法についてこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  10. 10

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る