マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

アプローチの距離感は1ヤード練習から始める

公開日:  更新日:

 ドライバーやアイアンショットはそこそこうまく打てるのに、ピンまで30ヤード以内のアプローチになると、思うようなショットが打てない。距離を調節(加減)しようとするとダフリやトップのミスが出てしまう。

 アプローチショットはボールを飛ばさなくていい。パワーは必要ないが、半面、ヘッドスピードを落として、距離を調節するスキル(技術)が求められる。これがうまくできないと、距離感が合わないだけでなく、ダフリやザックリ、トップのミスが出やすくなる。

 では、どうすればヘッドスピードをうまく落とせるようになるのか?

 いくつかポイントがあるが、お勧めしたいのが決まった距離をきっちり打つ練習を重ねることだ。

 片山真里プロはアプローチの練習法についてこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る