マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

アプローチの距離感は1ヤード練習から始める

公開日: 更新日:

 ドライバーやアイアンショットはそこそこうまく打てるのに、ピンまで30ヤード以内のアプローチになると、思うようなショットが打てない。距離を調節(加減)しようとするとダフリやトップのミスが出てしまう。

 アプローチショットはボールを飛ばさなくていい。パワーは必要ないが、半面、ヘッドスピードを落として、距離を調節するスキル(技術)が求められる。これがうまくできないと、距離感が合わないだけでなく、ダフリやザックリ、トップのミスが出やすくなる。

 では、どうすればヘッドスピードをうまく落とせるようになるのか?

 いくつかポイントがあるが、お勧めしたいのが決まった距離をきっちり打つ練習を重ねることだ。

 片山真里プロはアプローチの練習法についてこう説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る