日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

SWでわざと歯打ちをするとザックリ、ダフリのミスを矯正できる

 プロとアマチュアのスイングを比較するといろんな違いがあるが、そのひとつがアプローチの精度だ。プロはヘッドの入り方が安定していて、ボールをクリーンにとらえている。対して、アマチュアは打つたびにヘッドの入り方が異なり、ザックリやダフリベースのトップというミスが出やすくなっている。

 一体、この違いはどこにあるのか?

 我々アマチュアは練習量が少ないからミスが多いと思いがちだが、実は、ヘッドの入れ方そのものを勘違いしている人も案外多いそうだ。ツアープロコーチの石井忍プロはこう説明する。

「アプローチはヘッドを鋭角な軌道で打ち込むほど、インパクトの再現性が低くなり、そしてミスも出やすくなります。上からヘッドを入れるほど、ボールに対して点でとらえることになるからです。アマチュアでアプローチを苦手にしている人を見ていると、鋭角にヘッドが入っている人がかなり多いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事