マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

SWでわざと歯打ちをするとザックリ、ダフリのミスを矯正できる

公開日: 更新日:

 プロとアマチュアのスイングを比較するといろんな違いがあるが、そのひとつがアプローチの精度だ。プロはヘッドの入り方が安定していて、ボールをクリーンにとらえている。対して、アマチュアは打つたびにヘッドの入り方が異なり、ザックリやダフリベースのトップというミスが出やすくなっている。

 一体、この違いはどこにあるのか?

 我々アマチュアは練習量が少ないからミスが多いと思いがちだが、実は、ヘッドの入れ方そのものを勘違いしている人も案外多いそうだ。ツアープロコーチの石井忍プロはこう説明する。

「アプローチはヘッドを鋭角な軌道で打ち込むほど、インパクトの再現性が低くなり、そしてミスも出やすくなります。上からヘッドを入れるほど、ボールに対して点でとらえることになるからです。アマチュアでアプローチを苦手にしている人を見ていると、鋭角にヘッドが入っている人がかなり多いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  8. 8

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

もっと見る