日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

強烈アゲンスト風ではクラブを5センチ以上短く握る

 無風の時と、風がビュービュー強く吹く時とでは、どちらの方がゴルフが難しくなるのか?

 こう聞かれれば、誰しも「風の日」が難しいと答えるだろう。

 フォローの風が吹けば飛距離を稼げる半面、セカンドやアプローチでの距離感を合わせるのが難しい。横風が吹けば、方向性が取りづらくなるからだ。

 そして極め付きはアゲンストの風だ。向かい風が吹くと、飛距離がガクンと落ちるだけでなく、ボールの曲がり方も普段より大きくなってしまう。

 では、どんなプレーを心がけると、風の影響を最小限に抑えることができるのか?

 いくつか方法があるが、手軽で確実な方法がある。それはクラブを2インチ(約5センチ)ぐらい短く持ってプレーすることだ。例えば、ドライバーを打つならスプーン(3番ウッド)と同じ長さに、7番アイアンで打つ時はPWよりも少し短くなるぐらいにクラブを持って打つといい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事