マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

両肘でボールを挟んだ練習は手打ちを自然に矯正する

公開日: 更新日:

 男子ツアーの今季最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は石川遼が最終日もスコアを伸ばし、自身初となる日本タイトルを手にした。

 2015年の国内シーズンは幕を閉じたが、選手にとって気になるのが世界ランキング

 石川は日本シリーズの優勝で17ポイントを加算し、104位と順位を上げた。日本勢トップは松山英樹の15位。

 松山に続くのは、日本シリーズで5位に入った片山晋呉で61位。15年末時点で同50位以内に入ると来年の「マスターズ」の出場権が獲得できるという状況の中、片山は今週、タイで行われる「タイランドゴルフ選手権」を戦っている。

 本題に入ろう。片山プロといえば、日本シリーズでも器具を数多く使って練習していたが、やっていることは極めて基本に忠実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る