74億円でハマスタ買収も…DeNA「健全経営」までは茨の道

公開日: 更新日:

 また、「収入増によって補強費をアップし、強いチームを作って欲しい」と期待するファンの声も多い。

 06年以降、Bクラスが続くDeNAは、これまで赤字続きで補強に大金を投入できなかった。谷繁、村田、内川といった生え抜きの中心選手が好条件で他球団にFA流出した経緯もある。それでも、球団の事情を多くのファンは知っているから、あえて我慢してきた部分もあったはずだ。

 が、補強については、「(黒字化による)健全経営が前提」(池田球団社長)と慎重で、球場との一体経営を実現しても、現状では「黒字にならない見通し」(前同)とトーンが下がった。昨年、DeNAは過去最多の約181万人の観客動員を記録したにもかかわらず「赤字」というのだから、いかに経営を健全化することが難しいかがわかる。

 球場を改修しようにも、ハマスタは公園法などの条例、法律による構造上の問題が横たわる。市や地元企業の協力も必要になる。池田社長が「あくまで夢」と控えめなのはそのためだ。

 どこまで夢に近づけるのか。ファンは固唾をのんで見守っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る