日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元ベイ多村と育成契約 中日落合GM狙う“二匹目のどじょう”

 DeNAをクビになったベテランが中日に拾われた。

 球団は15日、多村仁志外野手(38)と育成契約を結んだことを発表。年俸は300万円と「激安」だが、再びユニホームを着られることになった多村はナゴヤ球場での会見で、「野球ができる喜びを感じている。一日でも早く一軍に上がって活躍したい」と語った。

 横浜高から94年のドラフトで地元横浜(現DeNA)に入団。眠っている素質を開花させたのは、現中日GMの落合氏だった。

 横浜時代の01年キャンプで、当時の森祇晶監督が臨時打撃コーチとして招いた落合氏からマンツーマンで指導を受けた。「落合道場」は3日間。そこで落合コーチのトスするボールをひざを曲げて打ったり、ボールにスピンをかけて真上に打ち上げる変則ティー打撃をこなし、その後は室内の打撃練習場に缶詰めにされて、マシン相手に約2時間、1000発以上打った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事