• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

琴奨菊これから正念場 10年ぶり日本出身力士Vへクセ者続く

 むしろここからが正念場だ。

 12日目に横綱日馬富士を下し、無傷の12連勝で10年ぶりの日本出身力士優勝に近づいた大関琴奨菊(31)。この3日間でモンゴル人横綱3人を立て続けに破る快挙に、「すでに優勝は決まった」と見る向きも多いだろう。

 しかし、そう簡単に事が運ぶとも思えない。琴奨菊にとって、今場所最大の山場が過ぎたことは間違いない。13日目のきょうは前頭7枚目の豊ノ島と当たり、残る2日で大関豪栄道と関脇栃煌山と対戦することが予想されるが、いずれも一癖も二癖もある力士ばかりだ。

 琴奨菊は「残りも3日間、集中するだけです」と話すが、ある親方は「本人がそう言っても……」と、こう言う。

「いくら集中しようと思っていても、難関を越えたことで無意識に油断してしまうことは、勝負の世界では珍しくない。琴奨菊は好不調の波が激しく、どちらかといえば15日間、集中力がもたない力士。今場所は立ち合いから迷いなく攻める姿勢が快進撃につながっているが、『確実に仕留めよう』と守りに入れば、出足が鈍りかねない。そうなった時は危険です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る