注目はベイの伏兵 渉外担当が見たプロ野球新助っ人の評価

公開日:  更新日:

「複数球団がチェックしていたのがロマックだった」

 こう話すのは、パ球団の渉外担当。

 今季も多くの新助っ人が日本にやってくる。世界を駆け回って“原石”をチェックした話を振り返ってもらうと、各球団の渉外担当の間で最も注目株だったのは、DeNAが獲得した強打の内野手、ロマック(30=前ダイヤモンドバックス、年俸7500万円)だという。

「近年、ロマックの名前は各球団のリストに入っていた。3Aで安定した成績を残しながら、メジャーではチャンスがない。30歳手前でちょうど日本や韓国に出稼ぎに行きたいと考える時期だった。昨年は、DeNA、阪神をはじめ、韓国球界も興味を示していた。DeNAは実績のあるバルディリスをリリースして、いち早く獲得にこぎつけた」

 これで割を食う形になったのが阪神である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る