注目はベイの伏兵 渉外担当が見たプロ野球新助っ人の評価

公開日:  更新日:

「複数球団がチェックしていたのがロマックだった」

 こう話すのは、パ球団の渉外担当。

 今季も多くの新助っ人が日本にやってくる。世界を駆け回って“原石”をチェックした話を振り返ってもらうと、各球団の渉外担当の間で最も注目株だったのは、DeNAが獲得した強打の内野手、ロマック(30=前ダイヤモンドバックス、年俸7500万円)だという。

「近年、ロマックの名前は各球団のリストに入っていた。3Aで安定した成績を残しながら、メジャーではチャンスがない。30歳手前でちょうど日本や韓国に出稼ぎに行きたいと考える時期だった。昨年は、DeNA、阪神をはじめ、韓国球界も興味を示していた。DeNAは実績のあるバルディリスをリリースして、いち早く獲得にこぎつけた」

 これで割を食う形になったのが阪神である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る