プロ野球に増え続ける外国人選手 山崎裕之氏は“弊害”指摘

公開日:  更新日:

「こればかりは時代の流れでしょうね」

 評論家の山崎裕之氏はこう言う。

 このオフ、12球団は数多くの助っ人を獲得した。なかでも、1年契約の年俸3億円でジョーンズ(前ヤンキース)を獲得した巨人は、1963年からV9時代を含む74年まで外国人選手はいなかったのに、今では育成選手を含めて9人(育成2人)もの外国人選手を抱える。これに次ぐのが中日、楽天(育成1人)の7人。阪神、広島が6人で続く。

 外国人の比率が4割近くに達する大相撲と比べるとまだまだ少ないとはいえ、近年はどの球団でも助っ人なしでは戦えないのが実情だ。

 95年まではいわゆる外国人枠および外国人選手の支配下登録人数は3人に制限されていた。96年にまず支配下登録の制限が撤廃され、98年からは外国人枠が4人に拡大。06年からの育成選手制度で、外国人選手とも育成契約できることも拍車をかけている。前出の山崎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る