• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ野球に増え続ける外国人選手 山崎裕之氏は“弊害”指摘

「こればかりは時代の流れでしょうね」

 評論家の山崎裕之氏はこう言う。

 このオフ、12球団は数多くの助っ人を獲得した。なかでも、1年契約の年俸3億円でジョーンズ(前ヤンキース)を獲得した巨人は、1963年からV9時代を含む74年まで外国人選手はいなかったのに、今では育成選手を含めて9人(育成2人)もの外国人選手を抱える。これに次ぐのが中日、楽天(育成1人)の7人。阪神、広島が6人で続く。

 外国人の比率が4割近くに達する大相撲と比べるとまだまだ少ないとはいえ、近年はどの球団でも助っ人なしでは戦えないのが実情だ。

 95年まではいわゆる外国人枠および外国人選手の支配下登録人数は3人に制限されていた。96年にまず支配下登録の制限が撤廃され、98年からは外国人枠が4人に拡大。06年からの育成選手制度で、外国人選手とも育成契約できることも拍車をかけている。前出の山崎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る