プロ野球に増え続ける外国人選手 山崎裕之氏は“弊害”指摘

公開日: 更新日:

「こればかりは時代の流れでしょうね」

 評論家の山崎裕之氏はこう言う。

 このオフ、12球団は数多くの助っ人を獲得した。なかでも、1年契約の年俸3億円でジョーンズ(前ヤンキース)を獲得した巨人は、1963年からV9時代を含む74年まで外国人選手はいなかったのに、今では育成選手を含めて9人(育成2人)もの外国人選手を抱える。これに次ぐのが中日楽天(育成1人)の7人。阪神広島が6人で続く。

 外国人の比率が4割近くに達する大相撲と比べるとまだまだ少ないとはいえ、近年はどの球団でも助っ人なしでは戦えないのが実情だ。

 95年まではいわゆる外国人枠および外国人選手の支配下登録人数は3人に制限されていた。96年にまず支配下登録の制限が撤廃され、98年からは外国人枠が4人に拡大。06年からの育成選手制度で、外国人選手とも育成契約できることも拍車をかけている。前出の山崎氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る