• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マイナー契約でも米球界を選んだカブス川崎宗則の矜持

 要するにカネ次第という声は、野球界でも根強い。

 これまで年俸が下がるのを敬遠してメジャー挑戦を断念した野手は枚挙にいとまがないし、カネや待遇が劣悪なマイナー契約が嫌で日本球界に復帰した選手もごまんといる。稼ぎはプロ野球選手の実力を示す唯一の指標でもあるから、カネにこだわるのは必ずしも悪いことではない。家族を背負っていればなおさらだ。

 しかし、少しでも高いレベルに挑戦したい、実力が上の連中を相手に勝負したいというのはアスリートの本能だ。とかくカネありきで生きる選手が圧倒的な中、アスリートとしての矜持を持ち続けているのが川崎宗則(34)ではないか。

 ブルージェイズからFAになっていたが、新たにカブスとマイナー契約を結んだ。

 2011年オフ、ソフトバンクからFAでマリナーズ入りしたときも、それ以降も、基本的にはマイナー契約。メジャーに昇格する都度、日割りで年俸が加算されるシステムでプレーし続けている。保証されている年俸はせいぜい数千万円。メジャー昇格したとしても、稼ぎはおそらく1億円程度だろう。昨オフ、FAになったときは古巣のソフトバンクが「10倍以上」といわれる年俸で秋波を送ったものの、ブルージェイズのマイナー契約を選択した。

 そんな川崎のハッスルプレーは地元トロントのファンから絶大な支持を得たが、今季はシカゴのファンを熱狂させるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る