マイナー契約でも米球界を選んだカブス川崎宗則の矜持

公開日:  更新日:

 要するにカネ次第という声は、野球界でも根強い。

 これまで年俸が下がるのを敬遠してメジャー挑戦を断念した野手は枚挙にいとまがないし、カネや待遇が劣悪なマイナー契約が嫌で日本球界に復帰した選手もごまんといる。稼ぎはプロ野球選手の実力を示す唯一の指標でもあるから、カネにこだわるのは必ずしも悪いことではない。家族を背負っていればなおさらだ。

 しかし、少しでも高いレベルに挑戦したい、実力が上の連中を相手に勝負したいというのはアスリートの本能だ。とかくカネありきで生きる選手が圧倒的な中、アスリートとしての矜持を持ち続けているのが川崎宗則(34)ではないか。

 ブルージェイズからFAになっていたが、新たにカブスとマイナー契約を結んだ。

 2011年オフ、ソフトバンクからFAでマリナーズ入りしたときも、それ以降も、基本的にはマイナー契約。メジャーに昇格する都度、日割りで年俸が加算されるシステムでプレーし続けている。保証されている年俸はせいぜい数千万円。メジャー昇格したとしても、稼ぎはおそらく1億円程度だろう。昨オフ、FAになったときは古巣のソフトバンクが「10倍以上」といわれる年俸で秋波を送ったものの、ブルージェイズのマイナー契約を選択した。

 そんな川崎のハッスルプレーは地元トロントのファンから絶大な支持を得たが、今季はシカゴのファンを熱狂させるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る