マイナー契約でも米球界を選んだカブス川崎宗則の矜持

公開日: 更新日:

 要するにカネ次第という声は、野球界でも根強い。

 これまで年俸が下がるのを敬遠してメジャー挑戦を断念した野手は枚挙にいとまがないし、カネや待遇が劣悪なマイナー契約が嫌で日本球界に復帰した選手もごまんといる。稼ぎはプロ野球選手の実力を示す唯一の指標でもあるから、カネにこだわるのは必ずしも悪いことではない。家族を背負っていればなおさらだ。

 しかし、少しでも高いレベルに挑戦したい、実力が上の連中を相手に勝負したいというのはアスリートの本能だ。とかくカネありきで生きる選手が圧倒的な中、アスリートとしての矜持を持ち続けているのが川崎宗則(34)ではないか。

 ブルージェイズからFAになっていたが、新たにカブスとマイナー契約を結んだ。

 2011年オフ、ソフトバンクからFAでマリナーズ入りしたときも、それ以降も、基本的にはマイナー契約。メジャーに昇格する都度、日割りで年俸が加算されるシステムでプレーし続けている。保証されている年俸はせいぜい数千万円。メジャー昇格したとしても、稼ぎはおそらく1億円程度だろう。昨オフ、FAになったときは古巣のソフトバンクが「10倍以上」といわれる年俸で秋波を送ったものの、ブルージェイズのマイナー契約を選択した。

 そんな川崎のハッスルプレーは地元トロントのファンから絶大な支持を得たが、今季はシカゴのファンを熱狂させるに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る