由伸監督我慢できるか G新助っ人ジョーンズに致命的弱点

公開日: 更新日:

「今年は打てなかったから大砲獲得は朗報だね」

 巨人OBで元スカウトの城之内邦雄氏はこう言った。16日、ギャレット・ジョーンズ外野手(34=前ヤンキース)との契約が合意に至ったと発表された。

 1年契約で年俸250万ドル(約3億円)プラス出来高。背番号は「5」に決まった。身長193センチ、体重104キロ。左投げ左打ちの巨漢は、メジャー通算911試合に出場し、122本塁打の大砲だ。リーグ最下位の打率.243の貧打に泣いた巨人は「30発打てる長距離砲」を探していた。バリバリの4番候補として期待がかかるが、不安もある。

 今季は57試合に出場し、打率.215、5本塁打、17打点。メジャー通算で対右の打率が.265なのに対し、対左は.194とからっきし。米大リーグ関係者によると、「左投手に弱過ぎて対右用のプラトーンの役割だった。スライダーが苦手でスプリットなどの速い変化球に弱い傾向がある」と弱点が顕著。メジャーでの実績は十分だが、日本球界に慣れるまで時間がかかるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る