• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

由伸監督我慢できるか G新助っ人ジョーンズに致命的弱点

「今年は打てなかったから大砲獲得は朗報だね」

 巨人OBで元スカウトの城之内邦雄氏はこう言った。16日、ギャレット・ジョーンズ外野手(34=前ヤンキース)との契約が合意に至ったと発表された。

 1年契約で年俸250万ドル(約3億円)プラス出来高。背番号は「5」に決まった。身長193センチ、体重104キロ。左投げ左打ちの巨漢は、メジャー通算911試合に出場し、122本塁打の大砲だ。リーグ最下位の打率.243の貧打に泣いた巨人は「30発打てる長距離砲」を探していた。バリバリの4番候補として期待がかかるが、不安もある。

 今季は57試合に出場し、打率.215、5本塁打、17打点。メジャー通算で対右の打率が.265なのに対し、対左は.194とからっきし。米大リーグ関係者によると、「左投手に弱過ぎて対右用のプラトーンの役割だった。スライダーが苦手でスプリットなどの速い変化球に弱い傾向がある」と弱点が顕著。メジャーでの実績は十分だが、日本球界に慣れるまで時間がかかるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る