巨人阪神で13人も…溢れる外国人に苦労するのはどっちだ

公開日: 更新日:

 あるいはこれが、2人の新監督の最大の問題になるのではないか。

 野球評論家の橋本清氏がこう言うのだ。

「巨人の由伸監督(40)も阪神の金本監督(47)も、外国人の起用に大いに頭を悩ますことになると思います。なにしろ、巨人は助っ人7人、阪神は6人の大所帯。新監督を最大限にバックアップしたいという両球団の意欲の表れですが、現場のトップである監督は誰を一軍で使い、誰を二軍に落とすのか、難しい選択を迫られる。そのやり方を間違えると、チームに余計な火種を抱えることになりかねません。プライドの高い外国人の扱いは難しいですからね」

 言うまでもなく、一軍の外国人枠は「4」しかない。イヤでも巨人は3人、阪神は2人の助っ人を二軍に落とすことになる。より難しい決断を迫られるのは、由伸監督の方だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る