巨人阪神で13人も…溢れる外国人に苦労するのはどっちだ

公開日:  更新日:

 あるいはこれが、2人の新監督の最大の問題になるのではないか。

 野球評論家の橋本清氏がこう言うのだ。

「巨人の由伸監督(40)も阪神の金本監督(47)も、外国人の起用に大いに頭を悩ますことになると思います。なにしろ、巨人は助っ人7人、阪神は6人の大所帯。新監督を最大限にバックアップしたいという両球団の意欲の表れですが、現場のトップである監督は誰を一軍で使い、誰を二軍に落とすのか、難しい選択を迫られる。そのやり方を間違えると、チームに余計な火種を抱えることになりかねません。プライドの高い外国人の扱いは難しいですからね」

 言うまでもなく、一軍の外国人枠は「4」しかない。イヤでも巨人は3人、阪神は2人の助っ人を二軍に落とすことになる。より難しい決断を迫られるのは、由伸監督の方だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る