マグワイア心待ちのハム中田 「本塁打」より学ぶべきもの

公開日: 更新日:

 中田翔(26)が、かつての本塁打王との対面を心待ちにしている。

 日本ハムは米アリゾナ州ピオリアにあるパドレスのキャンプ施設を使用する。今年からそのパドレスのベンチコーチを務め、98年に当時70本塁打のシーズン本塁打記録をつくったマーク・マグワイア(52)が、日本ハムのキャンプを視察する予定だからだ。中田は「70本なんて考えられへんし、勉強になる」と話している。

 マグワイアは打撃コーチとしても優秀だ。10年からカージナルスのコーチを務めると、前年にリーグ5位だったチーム打率は2位(10年)、1位(11年)、2位(12年)に上昇。13年からの3年間は、ドジャースを地区優勝に導いた。

 中田がマグワイア・コーチから得るものは大きいに違いないが、中でも重要なのは本塁打より選球眼と右打ちの技術を磨くことではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る