マグワイア心待ちのハム中田 「本塁打」より学ぶべきもの

公開日: 更新日:

 中田翔(26)が、かつての本塁打王との対面を心待ちにしている。

 日本ハムは米アリゾナ州ピオリアにあるパドレスのキャンプ施設を使用する。今年からそのパドレスのベンチコーチを務め、98年に当時70本塁打のシーズン本塁打記録をつくったマーク・マグワイア(52)が、日本ハムのキャンプを視察する予定だからだ。中田は「70本なんて考えられへんし、勉強になる」と話している。

 マグワイアは打撃コーチとしても優秀だ。10年からカージナルスのコーチを務めると、前年にリーグ5位だったチーム打率は2位(10年)、1位(11年)、2位(12年)に上昇。13年からの3年間は、ドジャースを地区優勝に導いた。

 中田がマグワイア・コーチから得るものは大きいに違いないが、中でも重要なのは本塁打より選球眼と右打ちの技術を磨くことではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る