• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復活期す“策士”西岡 「攻撃的2番」起用で金本阪神怖さ倍増

「西岡が活躍するかしないかで大違いだよ」

 こう話すのは、ライバル球団の編成担当だ。

 28日、阪神の西岡剛(31)が大阪・豊中市内で自主トレを公開。過去2年は肋骨骨折、右肘痛など故障に悩まされ、期待を裏切った。

「自分の置かれている立場はわかっている。目標は首位打者。目標を高く持っている」と、復活を期した。

 西岡は昨オフの契約更改で「最低年俸でも構わない」と球団に減額を直訴。40%減(7200万円)となる1億800万円でサインした。上本、大和と二塁のレギュラー争いに加わる。前出の編成担当は「金本監督には鳥谷の2番構想もあるようだが、西岡が2番に座れば阪神は怖い」と、こう続ける。

「金本監督は攻撃的野球をやるにあたり、『バントをしない2番打者』を模索している。現時点では鳥谷が理想とは思うが、西岡の体調が万全なら十分に攻撃的2番は務まる。スイッチ打者で相手投手の左右を問わない。足もあるから併殺打が少ない。しかも四球も選べるし、必要ならバントもできる。13年の成績(122試合出場、打率.290、4本塁打、44打点、出塁率.346)くらい働けば、鳥谷を1番に置き、おそらく3番から福留、ゴメス、ヘイグと続くであろう中軸での得点力は高まると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る