• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右肩万全アピールも SB松坂は「投球フォーム」が最大課題

 それでも、チーム内には厳しい見立てが多い。

 2月1日のキャンプインを目前に控え、「完全復調」をアピールしているソフトバンクの松坂大輔(35)。昨年8月に手術を受けた右肩の状態は「医者から医学的に100%と言われた。痛みがないということは久しぶり」と笑顔で周囲の不安を払拭すると、スポーツ紙も「明らかにスリムになった体で」と元怪物の今季にかける意気込みを報じている。

 3年12億円という破格条件で日本に戻ってきながら、昨年はまさかの登板ゼロ。野球ファンからも「給料ドロボー」などと厳しい声があふれただけに、今年こそは、と本人が意欲をみなぎらせるのは当然のことだろう。

「故障が癒え、体調管理もうまくいっている。喜ばしいことですが、それはあくまで開幕ローテーション争いのスタートラインに立っただけの話。結果につながるかはまた別の話、という厳しい意見がチーム内にはあります。最大の問題は投球フォーム、というシビアな見方です。肩、ヒジ、股関節などの故障の影響でおかしくなってしまったメジャー時代のフォームが染みついている。昨年のキャンプで、『あの投げ方がいいか、悪いか。おまえら(報道陣)だって分かるだろ』といきなりフォーム矯正に乗り出した佐藤投手コーチあたりは、楽観視していないはず。体の開き、ヒジの高さ、体重移動とほとんど一から十までダメ出ししたくらいですから」(チーム関係者)

 28日に公開した自主トレを見ても、1年前に佐藤コーチに指摘された悪癖はそのままのように映った。怪物復活にはまだまだいくつもの条件がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  4. 4

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る