右肩万全アピールも SB松坂は「投球フォーム」が最大課題

公開日: 更新日:

 それでも、チーム内には厳しい見立てが多い。

 2月1日のキャンプインを目前に控え、「完全復調」をアピールしているソフトバンクの松坂大輔(35)。昨年8月に手術を受けた右肩の状態は「医者から医学的に100%と言われた。痛みがないということは久しぶり」と笑顔で周囲の不安を払拭すると、スポーツ紙も「明らかにスリムになった体で」と元怪物の今季にかける意気込みを報じている。

 3年12億円という破格条件で日本に戻ってきながら、昨年はまさかの登板ゼロ。野球ファンからも「給料ドロボー」などと厳しい声があふれただけに、今年こそは、と本人が意欲をみなぎらせるのは当然のことだろう。

「故障が癒え、体調管理もうまくいっている。喜ばしいことですが、それはあくまで開幕ローテーション争いのスタートラインに立っただけの話。結果につながるかはまた別の話、という厳しい意見がチーム内にはあります。最大の問題は投球フォーム、というシビアな見方です。肩、ヒジ、股関節などの故障の影響でおかしくなってしまったメジャー時代のフォームが染みついている。昨年のキャンプで、『あの投げ方がいいか、悪いか。おまえら(報道陣)だって分かるだろ』といきなりフォーム矯正に乗り出した佐藤投手コーチあたりは、楽観視していないはず。体の開き、ヒジの高さ、体重移動とほとんど一から十までダメ出ししたくらいですから」(チーム関係者)

 28日に公開した自主トレを見ても、1年前に佐藤コーチに指摘された悪癖はそのままのように映った。怪物復活にはまだまだいくつもの条件がつく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る