• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB工藤監督「和田特別扱い発言」の真意を権藤博氏が解説

コラム【権藤博の流儀】

「ボクの中で『横一線』はない。力の世界では当然のことです」

 ソフトバンク工藤公康監督(52)の言葉だ。

 12年にメジャー挑戦した和田毅(34)が5年ぶりに古巣ソフトバンクに復帰。その入団会見に同席した工藤監督が「彼ぐらい実績のある投手が実績のない投手と一緒のラインで戦うことはない」と早くも来季の開幕先発ローテ入りを確約し、冒頭のセリフを続けた。

 ホークス時代に9年間で107勝を挙げた実績を認め、特別扱いすると明言したわけである。

 監督の中には、シーズンが終わると「来季のレギュラーは白紙」「キャンプは横一線の競争」などと強調する人が多くいる。新監督は特にそうだ。いかにも物分かりが良さそうに、聞こえのいいことを言って選手の競争意識を煽ろうとするのだが、ほとんどの場合がウソだと断言していい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る