• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB工藤監督「和田特別扱い発言」の真意を権藤博氏が解説

コラム【権藤博の流儀】

「ボクの中で『横一線』はない。力の世界では当然のことです」

 ソフトバンク工藤公康監督(52)の言葉だ。

 12年にメジャー挑戦した和田毅(34)が5年ぶりに古巣ソフトバンクに復帰。その入団会見に同席した工藤監督が「彼ぐらい実績のある投手が実績のない投手と一緒のラインで戦うことはない」と早くも来季の開幕先発ローテ入りを確約し、冒頭のセリフを続けた。

 ホークス時代に9年間で107勝を挙げた実績を認め、特別扱いすると明言したわけである。

 監督の中には、シーズンが終わると「来季のレギュラーは白紙」「キャンプは横一線の競争」などと強調する人が多くいる。新監督は特にそうだ。いかにも物分かりが良さそうに、聞こえのいいことを言って選手の競争意識を煽ろうとするのだが、ほとんどの場合がウソだと断言していい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る