SB工藤監督「和田特別扱い発言」の真意を権藤博氏が解説

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

「ボクの中で『横一線』はない。力の世界では当然のことです」

 ソフトバンク工藤公康監督(52)の言葉だ。

 12年にメジャー挑戦した和田毅(34)が5年ぶりに古巣ソフトバンクに復帰。その入団会見に同席した工藤監督が「彼ぐらい実績のある投手が実績のない投手と一緒のラインで戦うことはない」と早くも来季の開幕先発ローテ入りを確約し、冒頭のセリフを続けた。

 ホークス時代に9年間で107勝を挙げた実績を認め、特別扱いすると明言したわけである。

 監督の中には、シーズンが終わると「来季のレギュラーは白紙」「キャンプは横一線の競争」などと強調する人が多くいる。新監督は特にそうだ。いかにも物分かりが良さそうに、聞こえのいいことを言って選手の競争意識を煽ろうとするのだが、ほとんどの場合がウソだと断言していい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る