SB工藤監督「和田特別扱い発言」の真意を権藤博氏が解説

公開日:  更新日:

コラム【権藤博の流儀】

「ボクの中で『横一線』はない。力の世界では当然のことです」

 ソフトバンク工藤公康監督(52)の言葉だ。

 12年にメジャー挑戦した和田毅(34)が5年ぶりに古巣ソフトバンクに復帰。その入団会見に同席した工藤監督が「彼ぐらい実績のある投手が実績のない投手と一緒のラインで戦うことはない」と早くも来季の開幕先発ローテ入りを確約し、冒頭のセリフを続けた。

 ホークス時代に9年間で107勝を挙げた実績を認め、特別扱いすると明言したわけである。

 監督の中には、シーズンが終わると「来季のレギュラーは白紙」「キャンプは横一線の競争」などと強調する人が多くいる。新監督は特にそうだ。いかにも物分かりが良さそうに、聞こえのいいことを言って選手の競争意識を煽ろうとするのだが、ほとんどの場合がウソだと断言していい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  10. 10

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

もっと見る