和田毅の例も “右肘不安”のマエケンにメジャー公認球の壁

公開日: 更新日:

 ドジャースと正式契約し入団会見を行った前田健太投手(27)が8日、自身のブログを更新し、<ポスティングを申請してから今日までの時間は不安との戦いでした>と綴った。契約できてホッとしたマエケンの心境が伝わってくるが、8年総額約29億円(年平均3億6000万円)という契約内容は、米メディアによれば「手術も織り込み済み」だそうだ。

 健康診断で「右肘の問題」が明らかに。メジャーの平均年俸(約4億6000万円)をはるかに下回る金額で買い叩かれたのは投手の持病ともいうべき遊離軟骨(通称ネズミ)が原因とは考えにくい。米メディアが指摘するように、遅かれ早かれトミー・ジョン手術が必要になる。前田の右肘靱帯にはおそらく、すでに傷があるのだろう。

 メスを入れれば約1年半、棒に振る。その期間を織り込んでの「8年契約」であり「年俸3億6000万円」なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る