• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宮崎パレードに姿なし…ソフトB松坂大輔はいきなり正念場

 そこに背番号「18」の姿はなかった。1月31日にキャンプ地・宮崎で、2年連続日本一の優勝パレードを行ったソフトバンク。華やかな出迎えにナインが頬を緩ませる中、影も形もなかったのが松坂大輔(35)だ。

 パレードに参加したのはキャンプ一軍スタートの選手のみ。今季から古巣復帰の和田(前カブス)は、「僕がいてもいいのかな」と苦笑いしていた。昨季一度も登板せずに二軍スタートの松坂がパレードに参加しなかったのは当然だが、輝きを失った背番号18はそれどころではない。

 ソフトバンクの先発ローテは昨季13勝の武田を筆頭に、バンデンハーク、摂津、中田は当確。残り2枠を和田と大隣、千賀が争う。そこに割って入るのは至難の業だ。

 仮に今季もダメなら、ファンの堪忍袋の緒が切れる。ただでさえ、3年12億円でソフトバンク入りした松坂は、「古巣(西武)に戻ればいいものを、大型契約で転んで縁もゆかりもない福岡に来た」と、地元で陰口を叩かれている。いくら契約が来季まで残っていても、あともう1年」は通用しない。ファンを満足させる成績を残さなければ、福岡から追い出されることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る