宮崎パレードに姿なし…ソフトB松坂大輔はいきなり正念場

公開日: 更新日:

 そこに背番号「18」の姿はなかった。1月31日にキャンプ地・宮崎で、2年連続日本一の優勝パレードを行ったソフトバンク。華やかな出迎えにナインが頬を緩ませる中、影も形もなかったのが松坂大輔(35)だ。

 パレードに参加したのはキャンプ一軍スタートの選手のみ。今季から古巣復帰の和田(前カブス)は、「僕がいてもいいのかな」と苦笑いしていた。昨季一度も登板せずに二軍スタートの松坂がパレードに参加しなかったのは当然だが、輝きを失った背番号18はそれどころではない。

 ソフトバンクの先発ローテは昨季13勝の武田を筆頭に、バンデンハーク、摂津、中田は当確。残り2枠を和田と大隣、千賀が争う。そこに割って入るのは至難の業だ。

 仮に今季もダメなら、ファンの堪忍袋の緒が切れる。ただでさえ、3年12億円でソフトバンク入りした松坂は、「古巣(西武)に戻ればいいものを、大型契約で転んで縁もゆかりもない福岡に来た」と、地元で陰口を叩かれている。いくら契約が来季まで残っていても、あともう1年」は通用しない。ファンを満足させる成績を残さなければ、福岡から追い出されることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  8. 8

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る