宮崎パレードに姿なし…ソフトB松坂大輔はいきなり正念場

公開日:  更新日:

 そこに背番号「18」の姿はなかった。1月31日にキャンプ地・宮崎で、2年連続日本一の優勝パレードを行ったソフトバンク。華やかな出迎えにナインが頬を緩ませる中、影も形もなかったのが松坂大輔(35)だ。

 パレードに参加したのはキャンプ一軍スタートの選手のみ。今季から古巣復帰の和田(前カブス)は、「僕がいてもいいのかな」と苦笑いしていた。昨季一度も登板せずに二軍スタートの松坂がパレードに参加しなかったのは当然だが、輝きを失った背番号18はそれどころではない。

 ソフトバンクの先発ローテは昨季13勝の武田を筆頭に、バンデンハーク、摂津、中田は当確。残り2枠を和田と大隣、千賀が争う。そこに割って入るのは至難の業だ。

 仮に今季もダメなら、ファンの堪忍袋の緒が切れる。ただでさえ、3年12億円でソフトバンク入りした松坂は、「古巣(西武)に戻ればいいものを、大型契約で転んで縁もゆかりもない福岡に来た」と、地元で陰口を叩かれている。いくら契約が来季まで残っていても、あともう1年」は通用しない。ファンを満足させる成績を残さなければ、福岡から追い出されることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る