宮崎パレードに姿なし…ソフトB松坂大輔はいきなり正念場

公開日: 更新日:

 そこに背番号「18」の姿はなかった。1月31日にキャンプ地・宮崎で、2年連続日本一の優勝パレードを行ったソフトバンク。華やかな出迎えにナインが頬を緩ませる中、影も形もなかったのが松坂大輔(35)だ。

 パレードに参加したのはキャンプ一軍スタートの選手のみ。今季から古巣復帰の和田(前カブス)は、「僕がいてもいいのかな」と苦笑いしていた。昨季一度も登板せずに二軍スタートの松坂がパレードに参加しなかったのは当然だが、輝きを失った背番号18はそれどころではない。

 ソフトバンクの先発ローテは昨季13勝の武田を筆頭に、バンデンハーク、摂津、中田は当確。残り2枠を和田と大隣、千賀が争う。そこに割って入るのは至難の業だ。

 仮に今季もダメなら、ファンの堪忍袋の緒が切れる。ただでさえ、3年12億円でソフトバンク入りした松坂は、「古巣(西武)に戻ればいいものを、大型契約で転んで縁もゆかりもない福岡に来た」と、地元で陰口を叩かれている。いくら契約が来季まで残っていても、あともう1年」は通用しない。ファンを満足させる成績を残さなければ、福岡から追い出されることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る