マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ペットボトル素振りは正しいダウンスイングのポジションが分かる

公開日: 更新日:

 先週の米ツアー、ファーマーズインシュランスオープンは最終日に69で回ったブラント・スネデカー(米国)が通算6アンダーで優勝。これでツアー通算8勝目をマークし、世界ランクも12位まで上げている。

 スネデカーは日本でも何度かプレーしているが、決して飛距離が出るわけではない。ショットの安定感が持ち味で、先週も悪天候との戦いとなった最終日、ただひとりアンダーパーで回っている。

 本題に入ろう。スネデカーのスイングはインターネットの動画で見ることができるが、彼もまたトップでフェースが真上を向く。フェースをシャットに使うことで、今どきの重心距離が長い大型ヘッドのドライバーをうまく使いこなしている。そして、ダウンスイング前半部分で、シャフトが適度に寝ている。日本選手に比べると、ダウンスイングのシャフトの角度はフラットだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る