• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ペットボトル素振りは正しいダウンスイングのポジションが分かる

 先週の米ツアー、ファーマーズインシュランスオープンは最終日に69で回ったブラント・スネデカー(米国)が通算6アンダーで優勝。これでツアー通算8勝目をマークし、世界ランクも12位まで上げている。

 スネデカーは日本でも何度かプレーしているが、決して飛距離が出るわけではない。ショットの安定感が持ち味で、先週も悪天候との戦いとなった最終日、ただひとりアンダーパーで回っている。

 本題に入ろう。スネデカーのスイングはインターネットの動画で見ることができるが、彼もまたトップでフェースが真上を向く。フェースをシャットに使うことで、今どきの重心距離が長い大型ヘッドのドライバーをうまく使いこなしている。そして、ダウンスイング前半部分で、シャフトが適度に寝ている。日本選手に比べると、ダウンスイングのシャフトの角度はフラットだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る