マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ペットボトル素振りは正しいダウンスイングのポジションが分かる

公開日: 更新日:

 先週の米ツアー、ファーマーズインシュランスオープンは最終日に69で回ったブラント・スネデカー(米国)が通算6アンダーで優勝。これでツアー通算8勝目をマークし、世界ランクも12位まで上げている。

 スネデカーは日本でも何度かプレーしているが、決して飛距離が出るわけではない。ショットの安定感が持ち味で、先週も悪天候との戦いとなった最終日、ただひとりアンダーパーで回っている。

 本題に入ろう。スネデカーのスイングはインターネットの動画で見ることができるが、彼もまたトップでフェースが真上を向く。フェースをシャットに使うことで、今どきの重心距離が長い大型ヘッドのドライバーをうまく使いこなしている。そして、ダウンスイング前半部分で、シャフトが適度に寝ている。日本選手に比べると、ダウンスイングのシャフトの角度はフラットだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る