• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ダウンの切り返しではシャフトを寝かせるのが世界基準

 先週の欧州ツアー、アブダビHSBCゴルフ選手権は最終日、単独首位に立ったリッキー・ファウラー(米)が69でプレーし、通算16アンダーで逃げ切った。これで欧州ツアー通算2勝目、世界ランクも4位まで上がっている。

 ファウラーのスイングはゴルフ雑誌でも度々紹介されているが、特徴的な点が2つある。

 ひとつはフェースの使い方。トップでフェースが真上を向くシャットフェース。フェースをシャットに使うことで、今どきの重心距離が長い大型ヘッドをうまく使いこなしている。

 もうひとつの特徴はトップの高さ。他の選手に比べるとトップの位置が低い。フラットなトップから切り返し、ダウンスイング前半部分では、シャフトがかなり寝ている。

 さて、このダウンスイングのシャフトの角度。ゴルフ雑誌のレッスン記事を読むと、「ダウンスイングでシャフトを立てろ」という記事が目立つが、ファウラーの場合、シャフトは全然立っていない。45度ぐらいの角度で寝ているが、実は我々アマチュアも、ファウラーのようなスイングを目指した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る