海外勢も調子上向きに…日本競泳陣「リオ五輪」への不安

公開日: 更新日:

 今年8月のリオ五輪でメダル量産が見込まれているのが男女の競泳だ。

 9日は都内で「インターナショナル強化選手合宿」を公開。右肘骨折から復帰した萩野公介(21)ら男女の日本代表候補選手約50人が約2時間の泳ぎ込みを行った。

 ロンドン(400メートル個人メドレー銅)に次いで2大会連続でメダルを目指す萩野は、平井伯昌日本代表ヘッドコーチから闘争心の欠如を指摘されたそうで「今はひたむきさが足りないので、バチバチいきたい」と、まずは今年4月の日本選手権での代表入りを見据えた。

 競泳は昨年の世界選手権(ロシア・カザン)の男子400メートル個人メドレーで連覇を達成した瀬戸大也(21)の他、女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(19)、同200メートルバタフライの星奈津美(25)の2人も金メダルを獲得。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る