平井監督はもう懸念…世界水泳金メダリストの“落とし穴”

公開日: 更新日:

「五輪出場の内定を有効に活用して、来年は最高のパフォーマンスを発揮できるようにしたい」――。水泳の世界選手権(ロシア・カザニ)の男子400メートル個人メドレーで日本人初の連覇を果たした瀬戸大也(21)が、来年のリオ五輪でのメダル取りを口にした。

 競泳の日本代表が11日、凱旋帰国し、瀬戸の他、女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(18)、同200メートルバタフライの星奈津美(24)の3人の金メダリストが会見。今回の金獲得でリオ五輪の出場権が与えられただけに「じっくり強化したい」と口を揃えた。

 リオ五輪開幕(現地時間8月5日)まで残り約1年。金メダリスト3人が話した通り、今後はリオでの表彰台を目指してレベルアップに励む時間は十分にある。日本勢はもちろん、海外のライバルたちにも先んじて強化できるが、瀬戸、渡部、星の3人はリオでも金メダルを取れるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る