平井監督はもう懸念…世界水泳金メダリストの“落とし穴”

公開日:  更新日:

「五輪出場の内定を有効に活用して、来年は最高のパフォーマンスを発揮できるようにしたい」――。水泳の世界選手権(ロシア・カザニ)の男子400メートル個人メドレーで日本人初の連覇を果たした瀬戸大也(21)が、来年のリオ五輪でのメダル取りを口にした。

 競泳の日本代表が11日、凱旋帰国し、瀬戸の他、女子200メートル平泳ぎの渡部香生子(18)、同200メートルバタフライの星奈津美(24)の3人の金メダリストが会見。今回の金獲得でリオ五輪の出場権が与えられただけに「じっくり強化したい」と口を揃えた。

 リオ五輪開幕(現地時間8月5日)まで残り約1年。金メダリスト3人が話した通り、今後はリオでの表彰台を目指してレベルアップに励む時間は十分にある。日本勢はもちろん、海外のライバルたちにも先んじて強化できるが、瀬戸、渡部、星の3人はリオでも金メダルを取れるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る