「禁止薬物」垂涎の市場 ロシアン・マフィアが日本を狙う

公開日: 更新日:

 4大大会覇者も含まれているといわれるテニス界の八百長疑惑に衝撃を受けたファンは多いだろうが、プロテニス界に大掛かりな八百長を仕組んだのは「ロシアン・マフィア」ともいわれている。

 現在の「ロシアン・マフィア」はソ連崩壊前後から勢力を拡大した犯罪集団とは異なり、5000とも6000ともいわれる組織がある。それぞれ、ロシア国内や欧米、アジアなどで麻薬や武器、薬物などの密輸や売春などで稼いでいる。テニスやサッカーのようなプロスポーツを対象にした賭博の暗躍でも、度々欧州メディアを賑わせている。

 世界反ドーピング機関(WADA)では、以前から国際刑事警察機構(ICPO)などと連携し、禁止薬物の供給源であるマフィアの封じ込めに躍起になっている。昨年、ロシア陸連の組織的なドーピングが発覚したことで、これまで以上に捜査が厳しくなるのは必至だ。そこで、「薬物収入」に困ることになりそうなマフィアが、新たな市場として狙っているのが「ニッポン」だというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る