高校時代から愛飲 楽天・安楽が手放せないサプリメントは

公開日: 更新日:

 高校時代に157キロを投げて注目を集めた楽天・安楽智大(19)だが、プロ1年目の昨季は1勝のみ。16日の阪神との練習試合で初先発。3回を投げ、西岡に2点本塁打を浴びるなど3安打3失点の内容も、プロ入り最速の151キロをマークした。プロ入り後、これまで149キロ止まりだったため、キャンプ中盤で早くもプロ最速を更新。順調に仕上がっているようだ。

 そんな安楽がこだわっているのが、プロゴルフ石川遼や女子フィギュアの安藤美姫も飲んでいる「シトリックアミノ」というサプリメントだ。

「高校時代、知人に勧められて飲んだのがきっかけです。もともとトレーニング法なども、自分で調べたりします。このサプリも飲む量にこだわっています。飲み出してからは疲れがとれやすくなりました」

 販売元のメダリスト・ジャパンのホームページによると、筋肉をつくるタンパク質のもとであるアミノ酸と疲労を回復させるクエン酸の配合比にこだわり、さらに助酵素的な働きをする必須ミネラルを加えている。その結果、筋肉の疲労を素早く回復させ、筋肉に柔軟性が出るという。

 安楽は済美高2年時の春の甲子園で、3連投を含む5試合で772球を投げた。愛飲するサプリメントの効果だったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る