• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト荒木の“お守り”は「生まれ年の5円玉」

「僕にとってのお守りなんですよ」

 こう言うヤクルト荒木貴裕(28)が肌身離さず持っているのは昭和62年に発行された「5円玉」。荒木が生まれた年に製造されたものだ。

「去年の年明けに、知り合いの人から『お年玉だよ』と言われてもらったものです。袋を開けてみたら、自分の生まれた年の5円玉だったので、これも何かの縁かな、と思って使わずにずっと持っています」

 荒木は小学校から大学まで、すべてでキャプテンを務め、近大4年時の日米大学野球選手権では、日本代表の主将に指名された。

「この5円玉は、自分と同じ月日を歩んで、いろんな人のところを巡り巡って自分のところにたどりついたわけですからね。僕自身、それぞれの時代で、指導者をはじめ、多くの方々と出会いがあったから今がある。『一期一会』を大事にしたいという気持ちは常に持っていたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る