ヤクルト荒木の“お守り”は「生まれ年の5円玉」

公開日: 更新日:

「僕にとってのお守りなんですよ」

 こう言うヤクルト荒木貴裕(28)が肌身離さず持っているのは昭和62年に発行された「5円玉」。荒木が生まれた年に製造されたものだ。

「去年の年明けに、知り合いの人から『お年玉だよ』と言われてもらったものです。袋を開けてみたら、自分の生まれた年の5円玉だったので、これも何かの縁かな、と思って使わずにずっと持っています」

 荒木は小学校から大学まで、すべてでキャプテンを務め、近大4年時の日米大学野球選手権では、日本代表の主将に指名された。

「この5円玉は、自分と同じ月日を歩んで、いろんな人のところを巡り巡って自分のところにたどりついたわけですからね。僕自身、それぞれの時代で、指導者をはじめ、多くの方々と出会いがあったから今がある。『一期一会』を大事にしたいという気持ちは常に持っていたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る