半身浴をしながら…楽天・嶋基宏「唯一の趣味」は?

公開日:  更新日:

 ゲームもせず、漫画も読まない。唯一の趣味が読書。入浴剤を入れてゆっくり半身浴をしながら、楽しむこともあるそうだ。

「最近、読んだのは平尾誠二元ラグビー日本代表監督の著書です。チームリーダーとしてどういう立ち居振る舞いをすればいいのかということが書かれていて、参考になりました」

 昨季は6月13日の中日戦でファウルチップを受け、肋骨を骨折。その時、出合った本が富士フイルムホールディングス代表取締役会長の古森重隆著「魂の経営」だった。

 古森氏はデジタルカメラの普及にともない、フィルムの需要が低下する中、抜本的な構造改革に取り組み、フィルム技術を液晶事業や医療事業に転用するなどして、過去最高益を達成した名経営者である。

「シーズン中に故障して、家庭だとか周囲の環境に左右されて、なかなか思い通りいかなかった。あきらめたり、流されたりというのは自分の気持ち次第でどうにでもなるということが書かれていて、それが非常に印象的でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る