「ぐっすりです」 広島・菊池涼介が手放せない“夜の相棒”

公開日: 更新日:

「ボクがアドバイザリー契約を結んでいる『コラントッテ』の枕ですね。去年、デッドボールで首を痛めたことがあって、ホテルの枕だと寝違えたりするかもしれない。だからコラントッテの方が、ボクに合った枕を送ってくれたんです」

 こう言うのは、広島菊池涼介(25)だ。

 磁気ネックレスで有名なコラントッテ。枕にも24個の強力なフェライト永久磁石を、首や肩コリに効くポイントにトライアングル状に配置しているという。

「快眠枕のおかげでぐっすり眠れます。今シーズンの遠征の時も、どうにかして持っていけないか考えています」

 14年はリーグ2位の打率.325。しかし、昨季は両ヒザのケガの影響などもあって・254に終わった。球界一といわれる内野守備は3年連続でゴールデングラブ賞を獲得するなど折り紙つき。打撃復活へ「夜の相棒」を得た菊池は、地獄のキャンプでバットを振り込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る